【最強キャラ】比古清十郎の強さ!志々雄真実と戦ったらどうなる?

マンガ

るろうに剣心のなかでも最強キャラとして位置付けられている比古清十郎。主人公・剣心の師匠である彼は、登場回数こそ少ないですが異様な強さを発揮していますよね。

ただ、本編でやりあった相手といえば緋村剣心、破軍の不二、小さい頃の剣心を助けたときに戦った輩数人くらいなものです。

そこでここでは、比古清十郎がどの程度の強さなのかを検証していきたいと思います。

京都大火編の大ボス・志々雄真実とやりあったらどっちが勝つんでしょうか?

スポンサーリンク

最強キャラ・比古清十郎の強さ

結論から言ってしまうと、比古清十郎は間違いなくるろうに剣心の作中で最も強いキャラクターでしょう。

他にも強いキャラクターは何人かいますが、正直話にならないほどの強さだと思います。

この事実は作者である和月先生も証言しています。コミックスの扉ページで、『設定を強くしすぎて登場させたいんだけど出しどころに困る』といっていました。

和月先生自身も比古清十郎は好きなキャラクターのようで、登場回数をもっと増やしたかったのに登場させてしまうと比古清十郎側の勝ちが確定してしまうため登場させられないということですね。

奥義伝授の際に剣心に負けたじゃん?って思う人も多いみたいですが、『飛天御剣流において奥義の伝授は師匠が放つ九頭龍閃を破ること』で伝授が完了します。そのため、九頭龍閃は奥義・天翔龍閃に物理的に勝つことのできない技ということです。

もし、比古清十郎が奥義伝授のためではなく、剣心を殺す目的でやりあっていたとしたら、九頭龍閃ではなく同じく天翔龍閃を放っていたでしょう。そうすれば比古清十郎の勝ちは確定です。

これは相当な負荷を掛ける白マントを付けた状態で、剣心の放つ九頭龍閃を同じ技・九頭龍閃で圧倒していることからも分かりますね。

ちなみに、後に出版された剣心皆伝のなかでは、作中キャラで唯一『戦闘力無限大』と表現されています。

志々雄真実=最強キャラ説

実は、一部では志々雄真実が最強キャラなのでは?という説もあります。

京都大火編では最終的に剣心は志々雄真実に勝ちましたが、見てわかる通り最後は自然発火しましたし、気持ちのいい勝ち方ではありませんでした。

どちらも万全の状態で戦っていたら、志々雄真実の方が剣心よりも実力は上だといわれているんですね。

さらに、後に公開された志々雄真実を主人公とする『炎を統べる』というスピンオフ作品では、『志々雄真実は作中最強の敵である』と表現されています。

ただ、敵の中では最強であっても、比古清十郎は敵ではないのでこれには当てはまらないでしょう。

そうなると、やはり最強キャラは比古清十郎というのが濃厚説です。

志々雄真実と闘ったらどうなるのか?

スポンサーリンク

これはるろ剣ファンであれば一度は考えたことがあるのではないでしょうか?(笑)

ただ、これもおそらく志々雄真実が瞬殺されるというのが大方の意見です。作中で比古清十郎は志々雄に勝てると明言していますし。

瞬殺の理由ですが、比古清十郎がもし天翔龍閃を放てば志々雄が刀を抜く前に切り捨てられるというのが理由です。

天翔龍閃はどのような剣術よりも早く、そしてそこに比古清十郎の威力が合わさることで最強の技になります。

志々雄真実は作中で何度も立ち上がる不死身の体を持っていますが、その志々雄真実をもってしても比古清十郎にはかなわないというのが自然でしょう。

スポンサーリンク