【スーツにも!】サイドゴアブーツをメンズ・レディースの定番に

ファッション

近年大注目のファッションアイテムである『サイドゴアブーツ』。名前は聞いたことあるけどよくわからない!っていう人も多いのではないでしょうか?

サイドゴアブーツはメンズの場合スーツにも合わせることができるし、レディースでも非常に使いやすいアイテムになんです。

ここでは注目を集めているサイドゴアブーツの基本的な内容と、着回しについて取り上げます。

スポンサーリンク

サイドゴアブーツの基本をおさらい!

まずはサイドゴアブーツの基本について振り返っておきましょう。すでにそんなの知っているよ!って人も、今一度基本を押さえておいてください。

サイドゴアブーツはくるぶしの部分に、伸縮性のある生地を使ったゴア(Gore)を施したショート丈のブーツです。ゴアはゴムを織り込んだ伸縮性のある生地で、脱ぎ履きが楽にできるよう工夫されています。

名前の通り、サイドがゴア(=ゴム)になっているブーツですね。上に載せた画像のようなブーツのことを言います。

日本では最近若い人の間で注目され始めていますが、実はその発祥は古く1800年代にさかのぼります。

その起源は1830年ごろのロンドンの靴屋からと言われています。実はメンズではなくレディスが最初で、それはヴィクトリア女王のために考えれえたそうです。その為か最初はフォーマルな用途で使うブーツだったのです。明治時代の日本でも礼装に使われていた記録が残っているそうです。
少しずつ浸透が進んでいたサイドゴアブーツですが、第一次対戦が始まると同時にあまり見られなくなってしまいました。

戦争とともにサイドゴアブーツが見られなくなった理由については正直よく分かっていませんが、再び日本で履かれるようになったのは1960年代ということです。ビートルズが着用していたのがきっかけのようですね。

メンズならスーツにも合う!レイングッズとしても重宝

サイドゴアブーツの発祥はイギリスのロンドンということもあり、英国紳士も御用達です。一説にはヴィクトリア女王のために作られたという説もあるくらいです。

そのため、フォーマルな場所に履いていくための革靴の代わりとしても使うことができます。スーツで履くスラックスのようなパンツであれば、サイドゴアブーツのゴムの部分が隠れますので見た目は通常の革靴とほとんど変わりません。

例えばこちらはサイドゴアブーツをスーツスタイルに合わせたもの。普通の革靴と比較しても全然違和感がないと思います。

しかも、Macintoshなどに代表されるブランドでは、防水性のあるサイドゴアブーツも出しています。革靴は雨に弱いので、ビジネスマンとしてもこれはかなり重宝するでしょう。

ブラックのサイドゴアブーツを使うと、どんな色のスーツにも基本は合いますので1足持っておくと重宝するでしょう。

レディースの定番ファッションとしても注目されつつある

スポンサーリンク

古くは英国紳士。日本でも従来は男性が着用するものというイメージが定着していました。

しかし、最近ではレディースのサイドゴアブーツも多く販売されるようになって、雑誌でも特集が組まれたりしています。

レディースのサイドゴアブーツというのはこんな感じ。メンズと比較しても形は大差ありません。

レディースファッションとしてサイドゴアブーツを使うときの定番の合わせ方は、ジーンズかロングスカートです。男性同様、合皮で作られていて防水性の高い商品も多数あるので、雨の日なんかにはとても重宝します。

また、黒のスキニージーンズと黒のサイドゴアブーツを合わせてもカッコよく決まりますよ。

是非参考にして、サイドゴアブーツを使ったおしゃれを楽しんでみてください!

スポンサーリンク