ファーサンダルっていつまで履ける?おしゃれは我慢!

ファッション

一般的なレディースのサンダルにファーが付いた通称『ファーサンダル』ってかわいいですよね。

でも、このアイテムって結構使う時期を悩みませんか?

『ファーがついているから冬も履けるのかな?』

『でもサンダルだから真冬に履いたらめちゃくちゃ寒そう。。。』

こういう疑問を抱えている人のために、ファーサンダルはいつまで履けるものなのか、調べてみました。

スポンサーリンク

結論から言うと・・・

結論から言ってしまえば、ファーサンダルを履く時期というのは基本的に決まっていません。

この時期にしか履いてはいけない!とか、この時期に履くのが普通!という明確な基準ってないんですね。

さすがに夏にファーサンダルを履く人はいないと思いますが、春、秋、冬の時期であればファーサンダルを履いていてもおかしくありません。

一般的には春・秋アイテムとして知られている

各ブランドがファーサンダルを取り扱う時期や雑誌で特集が組まれる時期などを考えてみても、ファーサンダルの旬の時期は春と秋で間違いないでしょう。

日本の春と秋は、寒暖の差が結構激しいですよね。

寒いときには冬のように寒いですが、暑いときには夏でしょ!ってくらい厚くなります。

この微妙な気温変化のときに活躍するおしゃれアイテムがファーサンダルということですね。

多くの人の意見では11月まで

スポンサーリンク

おしゃれは我慢!って言葉聞いたことありますか?

薄着で寒かったとしても、逆に重ね着で暑かったとしても、おしゃれを優先することを言いますね。

逆に、それくらいしないとおしゃれなんてできない!って意味が込められています。

この言葉にもあるように、ファーサンダルが好きなのであれば、真冬であっても履いてOKです。

実際に12月や1月の真冬に靴下やタイツなどとともにファーサンダルを履いている人を見かけたことがあります。

ただ、世間一般の感覚としては、一応11月までというのが普通です。

11月も下旬になってくるとだいぶ寒くなってくるので、できれば上旬までにとどめておきたいところですね。

かなり長く使えるファーサンダル

ここまで見てきて分かると思いますが、人によってはめちゃくちゃ長いシーズン活躍することが分かりますよね。

夏を除いても、春、秋、冬の3シーズンで約9カ月くらいは履き続けることができるということになります。

真冬に履いていると少し違和感があるものの、そこは個人のセンスでどうにかなる部分です(笑)

おしゃれなコーデが思いつくのであれば、コートにファーサンダルなどを合わせてみても面白いでしょう。

この活躍っぷりを考えれば、少しでもいいファーサンダルを買ってみてもいいかもしれませんね。

サンダルとかは安上がりに済ませてしまいがちですが、活躍する時期が長いからこそ、良いものを買うべきだと思います。

ファーサンダル+靴下コーデ

上でも紹介したように、靴下とファーサンダルを合わせるファッションも流行っています。

ただ、サンダルに靴下って全然イメージできない!って人もいると思いますので、いくつかコーデ例を掲載しておきます。

このような感じで、トップスやボトムスなどとカラーを合わせるのがポイントですね。

靴下だけ色が違ってしまうと、かなり浮きます。

本当に寒い日には靴下をはいたとしても寒いと思いますが、このような工夫をすることで一般的なシーズンといわれる11月を過ぎても履くことができるでしょう。

スポンサーリンク