【分かりやすい!】ウェーボメンズワックスの選び方

ファッション

メンズワックスとして不動の人気を誇っているウェーボ(UEVO)。

このワックスは私が中学生の頃から友達の間でもとても流行っていたワックスです。

大人になった今でも周りで使っている人が多く、ウェーボ独特の香りを漂わせている男性は多いですよね(‘ω’)ノ(笑)

そんなウェーボですが、『いろいろ種類があってどれにしたらいいのか迷ってしまう!』という人も多いはず。

そこで、ここではウェーボメンズワックスの正しい選び方を紹介します!

スポンサーリンク

ウェーボの特徴

ウェーボはデミ・コスメティクスという会社が開発しているメンズ用のワックスです。

ここの会社から出ている商品としてはウェーボが一番有名ですが、他にもいろんな商品を開発しています。

ただ、いずれもプロフェッショナル向けの商品をラインナップしており、美容院やサロン御用達のアイテムを多く開発しています。

このプロフェッショナル向け商品が自宅でも手軽に使えるとして、ウェーボが人気になったんですね。

あらゆるスタイリングを髪を傷ませず実現させる

ウェーボの商品概要を見てみると、以下のように書いてあります。

バリエーションの豊かさはワックス界屈指の品ぞろえですが、それよりも保湿成分が含まれていることがウェーボ最大の魅力でしょう。

サロン仕様のワックスというだけあって、しっかりと髪の保護が考えられています。

保湿成分には卵殻膜が使用されており、天然由来の成分であることから地肌にも髪にも優しいんですね。

また、上でも書いた独特な香りが好きで使っている人も多いです。

この匂いを公式サイトでは『フローラルフルーティー』と表現していますが、個人的にはリンゴの匂いって感じですね。

目的別・スタイリング別に選ぶウェーボ

デミが発表しているワックスごとの位置づけです。

左下に行けば行くほどセット力が弱く、質感も軽く(柔らかく)なります。

一方、右上に行けば行くほどセット力も強力になり、質感も重く(固く)なります。

どれを選ぶべきなのか?という絶対的な指標はなく、あくまでも自分自身が実現したいヘアスタイルや髪の質、長さなどによって変わってきます。

しっかりとスタイリングをしたい・形を決めたい人向け

髪型をしっかりと決めたい!強力にスタイリングしたい!という人におすすめなのが緑色のホールドワックスです。

これはウェーボデザインキューブシリーズのなかでも昔から一番人気があります。

質感としては軽いので、手のひらで伸ばしてもかなり良く伸びますし、髪の毛に付けたときもよくなじみます。

それでいて、セット力はシリーズ最強を誇っているまさに万能なワックスです。

短髪であっても、長髪であっても使えるので、1つ持っておくと重宝することは間違いないでしょう。

ただし、長髪の場合にはつけすぎるとゴワゴワした感じで違和感がでるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

マットでドライな質感を出したい&しっかりと形を決めたい人向け

緑と双璧をなす強力なセット力のあるワックスです。

このドライワックスも根強い人気があって、主に長髪の人にウケがいいようです。

ワックス特有のツヤ感を出したくないけど、強力にスタイリングしたい!という人にはもってこいのワックスですね。

ある程度形を作りたいけど、質感としては無造作がいい!という人にもおすすめです。

付けているか付けていないかわからないくらいの自然さを求めている人向け

オレンジ色のライトワックスは、セット力・質感ともにもっとも弱いワックスです。

そのため、ある程度たくさんつけてもワックスを付けてないほどの自然な仕上がりになります。

このワックスは女性の寝ぐせ直しや長髪の人の細かい形づくりにも使われるものなので、しっかりとした形を作るのには向いていません。

また、持続力も弱いため、あくまでも補助的な役割だと思っておいたほうがいいでしょう。

ワックスを使うほどでもないけど、多少のツヤ感と寝ぐせ直し程度をしたい!という人にはおすすめです。

ツヤ感を強調してきれいな見た目を演出したい人向け

ピンク色のソフトグロスというワックスは、その名の通りグロス効果のあるワックスになります。

具体的にいうと、髪の毛にツヤ感を出して、まとまりのある仕上がりにしてくれます。

男性の場合には短髪でツヤ感のある束を作りたい!という人には向いているワックスです。

一般的には女性の愛用者が結構多く、パーマなどでツヤ感を髪の毛に持たせたいときなんかに重宝するワックスです。

他に色はどういう風に使えばいいの?

上では代表的な4つのタイプを紹介しましたが、ウェーボには他にもたくさんの種類がありますよね。

ただ、このほかのタイプについては上の4タイプいずれかをまず使ってみて、微調整をするときに選べばいいと思います。

例えば、緑色のホールドワックスを使ってみて、『ちょっとセット力が強すぎるかな?』と思ったらセット力を少し落として黄色のハードワックスを使ってみるとかですね。

初めからドンピシャのワックスを選ぶというのはなかなか難しいことなので、まずは特徴のある4タイプを使ってみるといいです。

ウェーボでは80gの大きいサイズ以外にも、30gのお試し版のようなサイズがありますので、まずはそっちを購入するといいでしょう。

是非、自分に合ったワックス選びに役立ててみてください!

スポンサーリンク