激旨!お茶漬けをアレンジするならチーズが最強

ライフハック

日本人といえばお茶漬けですよね!

忙しい時でも簡単に作れてなおかつおいしいので、普段から結構食べている人も多いんじゃないでしょうか?

多分、人それぞれの工夫とかアレンジがあると思うんですが、ここでは最近話題のチーズを使ったアレンジを紹介します!

若者を中心に話題になっているレシピで、Twitterとかでも結構絶賛されています(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

チーズ茶漬けの基本レシピ

まず、チーズアレンジをする場合の基本を紹介しますね。

  • 白米
  • お茶漬けの素
  • とろけるチーズ

これだけです!(笑)

お茶漬け自体シンプルなので、レシピもかなりシンプルですね(^-^;

ただポイントもあって、それはお茶漬けの素をかけることと、とろけるチーズを使うことです。

普通に考えれば分かりますが、チーズと白米だけでは味がないので、お茶漬けの素で味をつけるということですね。

そして、上から温かいお茶をかけたときにしっかりとチーズがとろけるように、とろけるチーズを使います。

とろけるチーズは市販のものでOKです。

ただ、とろけるチーズじゃなくてスライスチーズもおすすめしている人は結構います。

スライスチーズを使った場合、とろけるチーズに比べて溶ける度合いは少ないのですが、よりチーズ感を残して食べたい!という場合にはこっちのほうがおすすめです。

ちなみに肝心の味ですが、お茶漬けというよりはリゾットをイメージすると良いかと思います。

リゾットが好きな人は絶対ハマると思います!

チーズ茶漬けのバリエーション豊かなアレンジレシピ

上で紹介した基本レシピにプラスαをすると、さらにおいしいお茶漬けになります。

これは好みによって変わってくると思うので、自分がおいしそうだな!と思ったものから試してみてください。

基本アレンジ

  • キムチ
  • 梅干し
  • 刻みのり
  • 明太子
  • 高菜
  • 昆布

お茶漬けのお供としては定番のトッピングですね!

こういう定番トッピングをチーズと一緒に乗せるだけでも味がガラッと変わって、飽きずに食べることができます。

個人的には明太子のトッピングがおすすめ。

お茶漬けの素がそもそもかかっているので、量は加減して入れたほうがいいですよ。

スポンサーリンク

応用アレンジ

  • トマトソース
  • 塩昆布
  • 粉チーズ
  • オリーブオイル
  • 黒コショウ
  • 温泉卵
  • コンソメスープ
  • 納豆

人によっては少し勇気がいそうなアレンジですね(笑)

特にトマトソースとかは個人的に結構勇気がいります。。。

トマトソースというのはいわゆるケチャップでもOKですし、トマトジュースでもOKとのこと。

トマトジュースが苦手な私からすると少し腰が引けますが、完全に洋風になるようなので、苦手でない方は試してみるといいと思います!

あと、個人的におすすめしたいのは『粉チーズ+オリーブオイル+黒コショウ+温泉卵+コンソメ』のトッピングですね。

どんだけ入れるんだよ!って感じですが、トッピングを見てわかる通り、まさにカルボナーラ風になります。

カルボナーラが好きな人は結構ハマると思いますね。

まとめ

冒頭にも書きましたけど、多分こういう洋風アレンジは10代とか20代の若い人にはかなりウケると思います。

一方、白米にお茶だけをかけたもの以外認めない!という年齢層の方からすると、ちょっと馴染めないかもしれませんね(^-^;

私なりのおすすめをもう一つ言っておくと、最後に紹介したカルボナーラ風のお茶漬けにベーコンを乗せるとさらに洋風になります。

こうすると完全にカルボナーラですが、油分がプラスされることによってお茶漬けが濃厚になります。

普段のお茶漬けに飽きた!という場合にはぜひ試してみるといいともいます。

スポンサーリンク