先日、イングランド・プレミアリーグの強豪クラブであるチェルシーがチェルシーがビリー・ギルモアを獲得したとしてニュースになりました。

ビリー・ギルモアは若干15歳の少年です。

日本で言えばまだ中学校3年生とかです。

中3の少年があのイングランドの名門クラブであるチェルシーに正式加入してしまうなんてちょっと考えられないですよね。

そこで、今後確実にスター選手になるであろうビリー・ギルモアについて色々見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク


チェルシーがビリー・ギルモアを獲得!

現地時間の2017年5月9日に、所属チームであったグラスゴー・レンジャーズがビリー・ギルモアの獲得を正式に公表しました。

イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)が9日、FCバルセロナ(FC Barcelona)やマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)との争奪戦を制し、スコットランド・プレミアリーグのグラスゴー・レンジャーズ(Glasgow Rangers)に所属する15歳の神童ビリー・ギルモア(Billy Gilmour)と契約したことが分かった。レンジャーズが発表した。

出典:AFP

報道によれば、所属チームであったレンジャーズは残留を希望していたようですが、本人はチェルシーに行くことを希望。

最終的には本人の意向を尊重し、レンジャーズは彼を手放すことを決意したようです。

ちなみに、ビリー・ギルモアに関心を寄せていたのは争奪戦を繰り広げていたチェルシー、バルサ、マンUだけでなく、アーセナルやバイエルン・ミュンヘンなども関心を示していました。

いずれもトップクラブチームばかりで、彼の注目度の高さがうかがえますね。

ビリー・ギルモアの凄さって何?どこが凄いの?

ビリー・ギルモアはスコットランドのイニエスタと呼ばれるほどのテクニックの持ち主です。

イニエスタといえばスペイン代表も務め、バルサで活躍したボランチです。

非常に精度の高いドリブルとパスが特徴的で、腸強豪チームであるバルセロナにおいて欠かせない存在になっていました。

同様に、ビリー・ギルモアもドリブルとパスが抜きん出ています。

このテクニックがイニエスタや過去の名選手との比較を生んでいる理由のひとつではあるのですが、それよりも注目すべきは彼の万能性です。

オフェンス・ディフェンスともに素晴らしい動きをすることができます。

これは彼の絶妙なボディバランスが関係しているといえるでしょう。

移籍金50万ポンドの大型移籍

スポンサーリンク

今回の移籍は15歳の少年がビッククラブに加入したということだけでなく、その移籍金にも注目が集まっています。

今回の報道によると、チェルシーはギルモア獲得に約50万ポンド(約7300万円)を費やしたといわれており、特定の条件を満たした場合、さらに資金の支払いが発生するという。

報道にあるように、日本円にしておよそ7300万円もの資金をギルモアの獲得に費やしました。

これは日本のサッカー界においては破格の金額であり、欧州サッカー界の規模の違いやスケールのデカさを実感するひとつの事例になりましたね。

ギルモアのプレースタイル

ギルモアのプレースタイルはスピード感あふれるプレーというよりは精度の高いテクニシャンという感じです。

まだまだ実践例や動画などが少ないので、正確なプレースタイルを分析するのは難しいですが、以下に動画を乗せておきます。

髪型やファッション、イケメン説について

ギルモアはイケメンという点でも注目を集めています。

日本人サッカー選手も最近はイケメンという入り口から女性サッカーファンが多くなってきていますが、やはり海外のサッカー選手は書くが違いますね。

特に欧州のサッカー選手はザ・イケメンというかんじです。

サッカー選手はビックな選手になるにつれ、髪型を中心とするファッションにも注目が集まります。

ギルモアはまだまだスポーツマン的な髪型で落ち着いていますが、今後どんなファッションになっていくのか楽しみです。

ギルモアにはこれから多数の女性ファンがつくことでしょう。

スポンサーリンク