本田圭佑【不要論】|世論や専門家は単純すぎると思う

スポーツ選手

サッカーワールドカップの2018年大会がロシアで始まりましたね。

開催前に日本は何試合か親善試合を行いましたが、そこでの散々な結果に日本代表への厳しい意見がネット上でもささやかれていました。

そして、2018年6月8日に行われたパラグアイとの親善試合で4得点を挙げ、勝利をした日本代表に対して向けられた言葉は称賛の声というよりも、『今までのスタメンを見直した方がいいのではないか?』という声でした。

この前にやっていたスイス、ガーナとの試合では、本田圭佑などを中心とする古株がスタメンのほとんどを占めていたのに対して、パラグアイ戦ではそのスタメンのほとんどが入れ替えられたので、こう思うのも無理はありません。

そこから本格的にささやかれ始めたのが『本田不要論』です。

ただ、私はこの本田不要論に対して、初めから一貫して否定的です。

本田圭佑が好きというのもありますが、贔屓の目を取り除いたとしても本田は必要だと思っています。

スポンサーリンク


本田『不要論』を唱える世論や専門家

Twitterとかネット上でのコメント、掲示板などを見れば分かりますが、世論からの本田に対するバッシングはひどいもんです。

『昔から代表のレベルではなかった』

とか、

『初めからわかっていたこと。動かないならいる価値ない。』

とか。

一時期、日本中で本田圭佑フィーバーが起こっていたとは思えないほどに強烈なバッシングがされています。

確かに、実力がものを言う世界なので、結果が出せないならスタメン落ちをするのは仕方ないと思います。

ただ、だからといって本田不要とまで言えるのでしょうか?

本田圭佑の攻めの姿勢やエゴイストな性格は日本代表に必要

本田圭佑といえば、ポジティブシンキングがエゴイストという言葉が良く使われますよね。

彼の発言を聞いていれば良く分かりますが、本当に強気の発言が多いです。

こういう選手は日本に今までいませんでした。

なかには、『ビックマウスだけが本田の売り』という人もいます。

ビックマウスを言う選手はやっぱり変わっているし、ファンからの人気もあったので、実力は伴っていなくても本田をスタメンに入れているということですね。

でも、実際に昔から彼のプレーを見てきた人は、彼のボディバランスやフィジカルの強さなどがわかるはずです。

日本人にはないようなボールキープ力が彼にはあったじゃないですか。

ACミランにいたことは事実

スポンサーリンク

本田圭佑といえば、ACミランへの移籍が話題になりましたね。

そして、ミランで10番をつけるというのも世界中で話題になりました。

この背番号10番については、いろいろな噂や意見があるので、特に触れませんが、彼がミランに移籍し、スタメンでプレーしていたことは紛れもない事実なわけです。

最終的に出場機会がなくなり、なかば戦力外通告的な形でチームを後にはしたものの、一度でもここまでのビッククラブに目をつけられたのはトッププレイヤーである何よりもの証拠です。

ミランも彼の獲得にかなりの金をかけているわけなので、『なんか話題になっているな?』程度では到底本田の獲得に乗り出さないはずです。

しっかりと彼のプレーを見て、素質や能力、チームとのマッチングを考え、最適だと思ったから交渉に乗り出したわけです。

ミランのGMや交渉担当は、日本でワーワー言っている素人よりもはるかに選手を見る目があるわけですよね。

そう考えれば、彼がいかに凄い選手だったのかがわかるはずです。

コンディションには波がある

あと、言っておきたいのがどんな選手にもコンディションがあるということ。

メッシでも、クリスティアーノ・ロナウドでも、どんな一流選手であろうと絶対にコンディションの良くないことがあります。

こういうと、『コンディションが良くないなら代表入りすべきではない』という意見もでてくるでしょう。

確かにそれはごもっともです。

コンディションも実力のうちなので、しっかり整えられないなら出るべきではありません。

でも、彼がノリに乗っているときというのは本当に力強いプレーを発揮してくれます。

そして、何よりもゴールへの嗅覚というか、感性というものは彼しか持っていない何かがあると思うんですね。

本田の持ち味は目立ちにくい

本田の実力は下がったというのであれば、正直他の古株の選手も同じだと思います。

香川に関しても、長友に関しても、昔のような輝きは一切ありません。

それでも、彼らに批判はいきませんよね。

この違いってどこにあるんでしょう?

批判されるほどに香川や長友のスキルは下がっていないからでしょうか?

私は違うと思います。

本田圭佑は昔からそこまで走る選手ではありませんでした。

これは今始まったことではありません。

彼がいいプレーを見せるときというのは、ゴール前でボールをもらった時やフリーキック、中央でのキープ力などです。

こういうプレーって正直はあまり目立たないですよね。分かりにくいです。

でも、長友とか香川の持ち味ってスピードとかテクニックとか、とにかく分かりやすい。

だからこそ、活躍しているように見えるんだと私は思っています。

日本代表を応援するなら批判はやめたほうがいい

最後に一番言いたいのがこれです。

お笑いコンビ『ペナルティ』のワッキーさんもTwitterでつぶやいていましたが、日本国民が寄ってたかって批判するのって良くないことだと思います。

本田不要論とか、そもそも持ち上がること自体に違和感を覚えます。

日本代表の選手ともなれば、精神力もそれなりだと思うので、そこまで過敏に反応はしていないと思いますが、少なくともショックは受けるはずです。

本田圭佑が嫌いという人も中にはいると思いますが、本田一人を批判することによって、チーム全体に悪い影響が出る可能性があるということを知ったほうがいいと思います。

私は本田圭佑のことを好きですが、その前に日本代表自体が大好きです。

というかサッカーが大好きです。

世論や自称専門家たちの批判に負けず、全力を出し切ってほしいと思います。

スポンサーリンク