こんにちはJJです。

今回はプロボクサーの内山高志さんについて取り上げます。

内山高志といえば、日本人初のWBAスーパー王者として有名ですね。

スーパーフェザー級で圧倒的な強さを誇る内山高志さんの練習方法や筋トレの方法が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク


筋トレや練習方法を調べてみた

あの圧倒的な強さを生み出す秘訣はなんなんでしょう?

やはり男として強いのは魅力ですし、あの美しくついた筋肉もあこがれの一つです。

勿論、あの強さは日々のトレーニングや練習の結果だということは言うまでもないのですが、何か特別な方法でトレーニングをしているのでしょうか。

ちなみに、プロボクサーの筋トレや練習というのはパンチ力を増強したり、スタミナを付けたりするのを目的とした、いわば闘う筋肉を付けることを目的としているので、必ずしも綺麗な筋肉がつくとは限りません。

むしろ肩の筋肉だけがやたらついたり、背筋だけがやたらつくなどすると思うので、見せる筋肉を付けたい場合はしっかりとジムへ行って機械を使った総合的なトレーニングをしましょう。

さて、本題の内山高志さんのトレーニングですが、やはりボクサーだけあって走るのがメインです。

内山選手の場合、まず朝起きてすぐに10kmのランニングかもしくはバイクマシン。

これを毎日続けるそうです。

毎日走りに行くだけでも大変なのに毎朝10キロという距離はそうとうな決意がないと出来ないトレーニング量です。

基本的なトレーニングはサンドバックとスパーリングなど、がメインということで、僕らが想像しているようなマシンを使ったガッツリのトレーニングはしていないっぽいですね。

やはりボクサーというのは野生により近い(マシンをほとんど使わないという意味で)トレーニング手法がメインになってくるんですね。

内山高志さんについてちょっとした詳細情報

スポンサーリンク

現在35歳の内山選手。

24戦23勝1引き分けという素晴らしい戦績を残している彼ですが、そのプライベートでのエピソードでも面白いものがあったので紹介します。

まず若いころの話、彼が訪れたゲームセンターにおいてあるパンチングマシンで遊んで見たところ700キロというスコアをたたき出しパンチングマシンを壊してしまったのだとか。。。笑

ゲーセンのパンチングマシンをやったことがある人なら分かると思いますが、700キロっていう数字はもはや凶器です。笑

力自慢の素人を連れてきても300キロ行くか行かないかというのがせいぜいですので、これと比べるヤバさが伝わるとおもいます。

いやぁ、恐ろしいですね・・・プロボクサー・・・笑

まとめ

プロになって以来、輝かしい戦績を残している内山選手。

最近格闘技界でも熱狂させてくれるような日本人選手がいない中で、こういった怪物級の選手はとても貴重だと思います。

これからますますの活躍を期待したいと思います!

スポンサーリンク