父がナイジェリア人の宮部藍梨がかわいい件!腰痛持ちってホント?

あのひとの性格や家族

こんにちはJJです。

今回はバレーボール日本代表の宮部藍梨さんについて取り上げたいと思います。

彼女は若干17歳ながら日本代表に選出されたツワモノです。

17歳ってことは現役女子高生ですからね。

大阪にある金蘭会中学校・高等学校というところに通っています。

全国の中学バレーボール大会ではJOC・JVAカップという将来最も有望な人に贈られる賞も受賞しており、まさにバレーボールの申し子といった感じですね。

プライベートはどうなのか?そんな彼女に迫ります!

スポンサーリンク


父親はナイジェリア人、ハーフでかわいい!

201504150006-spnavi_2015041500020_view
宮部藍梨さんはナイジェリアと日本のハーフ。

お父さんがナイジェリア人です。

黒人とのハーフということで身体能力も素晴らしく高く、これは今後の日本のバレーボール界にとって強力な戦力になること間違いなしです。

初めて彼女を見たのは中学の全国バレーボール大会の中継の映像ですが、そこでもひときわ異彩を放っていたのを覚えています。

そもそも他を圧倒するのは技術も勿論ですが、身長が高い。

恐らく中学生の段階で今とほぼ変わらない181センチあったと思います。

それに加えて手も長いし、ジャンプ力もあるので彼女がスパイクを打つ際の最高到達点は中学生では考えられないくらい恐ろしい高さになるのが想像できますよね。笑

なにかに向けて必死に頑張ってる子はすごく好感がもてますが、モデル級のスタイルも持ち合わせているので社会人としてチームに所属しながら日本代表で活躍したとしても注目のまとになることは間違いないですね!

宮部藍梨は腰痛持ちって本当?

スポンサーリンク

宮部藍梨さんについて調べていると気になる記述がちらほら・・・

なんと宮部藍梨さんが腰痛持ちだというのです。

持病としての腰痛持ちだとすると非常に厄介で、スポーツ選手としては爆弾を抱えているようなものですよね。

もしこれが本当だとすると、まだ中学生の彼女にとっては選手生命の危機ともいえるくらい重大なことです。

調べてみると、別に持病という訳ではなさそうですね。

彼女に腰痛があるというのは8月のW杯の出場が腰痛で微妙なところ・・・といった報道に端を発しているようです。

この腰痛がもし慢性的なものであるなら大変ですが、一時的な疲労からくるものみたいなので大丈夫でしょう。

まとめ

今回は宮部藍梨さんについて取り上げました。

現役高校生での日本代表入りという素晴らしい実績を持っている彼女。

これからますます力を付けていくと思うと、今後の彼女の成長が楽しみで仕方ありませんね!!

スポンサーリンク