小学校の運動会向けのママの服装!春・秋それぞれをまとめてみた

ライフハック

20代以上の方であれば、運動会といったら秋!ってイメージがあると思います。

でも、最近では小学校を中心に春に運動会を開催する学校も多くなってきましたよね。

この理由のひとつには、クラスの結束感を強めるために、クラス替えや入学したばかりの春の時期に行うというものがあります。

学校によって理由は色々あると思いますが、小学校は基本家族参加型なので、そこに着ていく服装を悩む親御さんも多いはず。

あまりラフな格好だとみっともないのかな?

だからといってかっちり決めすぎると動きにくいし・・・

このような悩みを持っているママさんに、秋と春それぞれのおすすめ運動会コーデを紹介していきます!

スポンサーリンク


保護者参加型競技があるかをまず確かめよう

なにはともあれ、保護者参加型の協議があるかどうかを確認しましょう。

これがある場合と無い場合では、だいぶ服装もかわってきます。

あと、大原則として小学校の行事にミニスカートや胸が大胆に空いているような露出の多い服装はNGです。

教育現場にあまり派手な服装を着ていくのはマナー違反と取る人もいますので、このあたりは原則として押さえておきましょう。

秋の運動会コーデ

秋のイメージは何と言っても渋い感じですよね。

ですので、服装も基本的には渋い色合いや暗めの合わせ方がおすすめです。

白シャツ+ジーンズ

王道中の王道です。

これは季節に関係なく着ていけるので、春のコーデとしてもおすすめですね。

白シャツといっても7分丈のものや半袖のもの、裾が広がっているものなどいろいろなデザインがあります。

おしゃれに敏感な方は、このような細部の形にこだわってみることでおしゃれ感が出てくるでしょう。

Gジャン+ワイドパンツ

秋は気温が低い時と高い時の差が激しいので、調節できるように上着を羽織るのもおすすめです。

そのなかでもGジャンは秋のコーデとしては最適で、運動会コーデとしてもぴったり。

ボトムスはワイドパンツを合わせることでおしゃれ感を醸し出せます。

ミリタリーシャツ+ニットパンツ

ミリタリー系のジャケットやシャツも気温に合わせて調節できるのでおすすめ。

カーキ色の上着を切るだけでアクティブ感が出ますね。

また、ボトムスはニットパンツを採用することで伸縮性を持たせます。

これで保護者参加型競技があっても大丈夫ですね!

スポンサーリンク

春の運動会コーデ

春のイメージは明るい感じですよね。

ピンクや黄色などの原色に近い色を着れる季節なので、おしゃれ感も演出しやすいでしょう。

黄色カーデガン+デニム

黄色のカーデガンはまさに春を彷彿とさせますよね。

とても明るい感じで、若いママさんには特におすすめです。

ボトムスは何を合わせてもいいですが、ゆったりとしたデニムを合わせると動きやすいでしょう。

ピンクのカーデガン+チノパン

これも春をイメージさせる明るい印象ですね。

ピンクのカーデガンもそうですが、トップスに合わせてチノパンの色を合わせているところにも注目。

ボトムスは淡い色を採用することで、主張しすぎないちょうどいいコーデになります。

春のものを秋に、秋のものを春に来てもOK

春と秋は季節感が似ていますよね。

ですので、上に取り上げたもので気に入ったものがあれば春のものを秋に着てもOKです。

もちろんこの逆もまた然りですよ。

あと、保護者参加型競技がある場合には、なるべく汚れても良いアイテムをチョイスしましょう。

例えばジーンズひとつをとっても、普段よく来ているお気に入りのものを着ていくよりも、アクティブに動く時用にユニクロとかGUで1着購入しておくといいかもしれません。

ジーンズは値が張るので買いにくいという場合であっても、Tシャツとかに関しては数百円で購入できるので、こういう時用に購入しておくのがおすすめですね♪

スポンサーリンク