男女別!二重あごを目立たせない髪型

ファッション

女性であっても、男性であっても二重あごというだけで、だいぶ印象が変わってしまいますよね。

二重あごは基本的に太りすぎが原因なので、痩せれば単純に解決する問題なのですが、痩せるまでにはある程度の期間が必要です。

もしくは、体重は平均的なんだけど首周りにだけお肉がついてしまって二重あごに見えるという人もいるでしょう。

ということで、ここではそんな人のためにおススメの髪型を紹介します。

髪型を変えるだけで印象ががらっと変わるのはもちろんのこと、二重あごを目立たせないことも髪型ひとつで可能です!

男性向けの髪型と女性向けの髪型それぞれを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください♪

スポンサーリンク


まずは小顔に見える原則を押えておこう!

男女別のそれぞれのおすすめヘアスタイルを見る前に、小顔に見せる基本的なテクニックを知っておきましょう。

髪型を使った小顔テクニックとして、もっとも有名なのはひし形を作ることです。

これは男性であっても女性であっても同じで、正面から見た顔全体(髪型を含めた顔全体)のシルエットがひし型になるようにすると小顔になるといわれています。

二重あごで悩んでいる人は顔の形を見ると丸顔であることがほとんどです。

丸顔である場合には、トップ部分にボリュームを持たせて縦長のシルエットを作るのが原則です。

逆に、前髪ぱっつんやワイドバンクなどの横長のシルエットを強調する髪型は余計に丸顔を強調するので避けるのが無難です。

この原則をもとに、男女別のおすすめヘアスタイルを考えてみると、以下のようになります。

女性におすすめの二重あごをカバーする髪型

女性向けの二重あごカバーヘアスタイルは、サイドを残し、セミロング以上の長さで縦長のシルエットを演出するのがおすすめです。

また、サイドにレイヤーを入れたり、トップをワックスやスプレーなどでふんわりさせ、ボリュームを持たすことによってより縦長のシルエットを強調するといいでしょう。

菱形のシルエットをより強調すると以下のようになります。

アイロンとヘアスプレーを使用することでサイドにボリュームを持たせ、よりひし形を強調しています。

セットする時間のある時にはこのような髪型にセットすると、より小顔効果が得られるでしょう。

男性におすすめの二重あごをカバーする髪型

スポンサーリンク

男性の場合、女性のようにサイドを大きく残すことができないので、頬の厚みを消すことが難しくなります。

そのため、トップ部分にワックスをつけ、ボリュームを持たせるようにしましょう。

男性向けでおすすめのヘアスタイルひとつめがマッシュショートと呼ばれる髪型です。

これは前髪を重たくして、トップ部分にボリュームを出しやすくした髪型になります。

丸顔や二重あごでもマッチする髪型として有名ですね。

メンズヘアの二つ目が無造作ヘアと呼ばれる髪型です。

髪の長さはある程度長めにしないとダメなので、社会人の方の場合には少し難しい髪型かもしれません。

ただ、髪型を自由に選択できるのであれば丸顔さんにはかなりおすすめな髪型ですよ!

トップのボリュームも出しやすいですし、全体的に広がりのある髪型なのでひし形シルエットも演出しやすいです。

そして三つ目がツーブロックショートです。

最近男性の間ではかなり流行っている髪型ですね。

社会人でも営業職の方を中心にツーブロックショートをやっている人は結構多いです。

髪型を見てわかる通り、シルエット的には縦長を一番強調してくれる髪型なので、面長から丸顔まで幅広くカバーしている髪型です。

こんな髪型はNG?二重あごを目立たせる髪型

冒頭でも少し触れましたが、二重あごに悩んでいたり、丸顔に悩んでいるという場合には横長を強調するような髪型はNGです。

例えば、女性の場合だとワイドバンクなどの髪型ですね。

この髪型を丸顔の人がやると、より丸い輪郭が強調されるので基本的には避けるのが普通です。

一方、男性の場合には耳上にボリュームを出さないようにすることが大切です。

例えば、このような髪型は同じ無造作ヘアであっても耳上に髪の毛のボリュームを持たせることで一気に丸顔を強調させる髪型になってしまいます。

このような髪型は面長で悩んでいる人におすすめの髪型なので、丸顔に悩んでいる場合にはできるだけ避けるのが無難でしょう。

まとめ

いろいろな髪型を見てきましたが、太っていて髪型に悩んでいる!という場合には、痩せて二重あごを解消するのが最善の策です。

太っているとやっぱり選べるヘアスタイルも限られてきてしまうので、平均体重にして輪郭をすっきりとさせるのが一番です。

是非参考にして、痩せるまでの期間や二重あご解消までの期間を乗り越えてみてください!

スポンサーリンク