USJでゾンビのエジキにされたいならネックレスを付けろ!

ライフハック

USJのハロウィンといえば、なんといってもホラーナイトが有名ですよね!

これはUSJ全体の目玉イベントでもあって、会社全体の売上の大半を占めるメインイベントです。

今年こそはUSJのハロウィンホラーナイトに行きたい!と思っている方にぜひおすすめしたいのが『ゾンビのエジキ』と呼ばれるネックレス型アイテム。

このアイテムを首から下げていると、優先的にゾンビに襲われます。(笑)

せっかく行くならゾンビに襲われてみたい!と思っている方や、USJのホラーナイトを極限まで楽しみたい!というアクティブな方はぜひ身に付けてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク


ネックレス型アイテム『ゾンビのエジキ』ってどんなもの?

冒頭でも書いた通り、『ゾンビのエジキ』はネックレス型のアイテムです。パーク内で販売されています。

ゾンビのエジキっていう名前だけあって、つけていると優先的にゾンビが襲い掛かってきて、餌食にしてくれます(笑)

デザインは毎年変わって、ファンの間ではこれを集めるのもひとつの楽しみになっているようですね。

価格は出始めは2000円で統一されていますが、ハロウィン終盤になると1500円程度まで値下がりすることもあります。

ちなみに、上の画像は2016年の『ゾンビのエジキ』です。

2017年はドクロでした。

この記事を執筆しているのは2018年の6月なので、2018年度の『ゾンビのエジキ』のデザインはまだ発表されていません。

どんなデザインになるのか今から楽しみですね!

着けているのとつけていないのではどれくらい違う?

過去にホラーナイトを体験したことがある人はわかると思いますが、別にこのネックレスを付けていなかったとしても襲われないわけではありません。

ゾンビの近くを歩いていたり、メイン通りの中央を闊歩していると自然と目をつけられて襲われます(笑)

では、付けた場合とつけなかった場合ではどれくらい違うのか?というのが気になりますよね。

私はどちらも体験したことがありますが、ネックレスを着用しているとうざいくらいに襲われます(^-^;

これが楽しい!っていう人はいいですが、普通に移動できないくらい私は襲われました(笑)

普通にこのレベルで襲われることもあるので、結構つけるときは覚悟したほうがいいですね(笑)

一部では『襲い掛かってくるとは言っても触れられることはない』という記述もありますが、私は普通に触れられましたし、友達も普通に引っ張られてました。

ネックレスをつけているのに触れられたくない!というのはちょっと無理な話だと思ったほうがいいです!

前年度以前の『ゾンビのエジキ』では効果なし?

スポンサーリンク

過去にネックレスを購入したことがあるけど、新しいデザインのものじゃないと効果ないの?と疑問に思っている人も多いようですが、そんなことはありません。

普通に昔のデザインのものを付けていっても余裕で襲い掛かってきてくれます。

ネックレスにわざわざ2000円もかけるのってどうなの?って思っている人は少なくないと思いますが、翌年以降も使えるということを考えればそんなに割高ではありませんよね。

まぁユニバファンにとっては昔のデザインのものをつけていくのはナンセンスなのかもしれませんが(^-^;

ゾンビに襲われる方法と襲われない方法

ネックレスをつけたい!と思っている人は基本的にゾンビに襲われたい人だと思うので、まずはゾンビに襲われる方法から。

ネックレスをつけているだけで基本は襲われやすくなりますが、ゾンビと目を合わせるようにしたり、怖がるような仕草や大きなリアクションを取ると、ゾンビたちも喜んで寄ってきてくれます。

逆に、襲われたくない場合には道の端を歩き、目を合わせないようにしましょう。

怖くても全然怖くないような薄いリアクションをしていると、ゾンビたちも寄ってきません。相手も人間なので(笑)

ただ、あまりに薄いリアクションは周りもその場の雰囲気も壊すので、行くからには大きなリアクションでしっかり楽しみましょう!!

スポンサーリンク