【歩くorビート板】プールで出来る簡単ダイエット方法

スポーツ

ダイエットに効果的と聞いてプールでの運動を始めようと思っている人も多いのではないでしょうか?

確かにプールは全身運動なのでカロリーが消費しやすくダイエットにはぴったりです。

また、体重が重くてランニングやジョギングができないという人も膝や腰に負担をかけずにダイエットすることができるのでおすすめなんです。

ただ、なんとなーく泳いでいても効果はそれほどありません。

ここでは歩いたりビート板を使ったりしてできる効果的かつ簡単にできるダイエット方法を紹介していきます。

スポンサーリンク


プールで運動するのはなぜ効果的?

プールは地上と違い水の抵抗があります。

全身に均一な抵抗がかかることによって、歩くだけでも適度な抵抗がかかるんですね。

さらに、プールに入ったときの浮力もダイエットに大きな影響を与えています。

浮力があることによって地上よりも自分の体が軽くなります。

そのため、縦への重力は無視できるのにも関わらず、前述した水の抵抗によって前後の運動では適度な負荷がかかるというベストな条件が整うんです。

どれくらいのカロリーを消費するもの?

プールは効果的といわれていますが、実際に地上の運動と比較したらどれくらいの差があるのでしょうか。

まずクロールで普通に泳いだ場合の消費カロリーを見てみると以下のようになっています。

女性:約190kcal/30分
男性:約250kcal/30分

この消費カロリーは、地上で30分間ジョギングをしたのとほぼ同じ消費カロリーです。

ジョギングを30分するのはきついですが、クロールで30分泳ぐのはできるという人も多いでしょう。

一方、水中で歩いた場合の消費カロリーは以下のようになっています。

女性:約120kcal/30分
男性:約180kcal/30分

この消費カロリーを普通のウォーキングで消費しようと思ったら、最低でも1時間以上は歩かないとダメです。

こう考えるとどれだけ水中での運動が効果的なのかが分かりますね。

泳げなくても大丈夫!水中ウォーキング

それでは具体的なやり方についてみていきましょう。

まずは水中で行うウォーキングの効果的な方法です。

とはいっても、気を付けるべきポイントは以下の2つだけです。

  • 姿勢を伸ばす
  • 大股で歩く

この2つを意識するだけでかなり効果的なウォーキングができるようになります。

1つめの姿勢を伸ばすというのは、背筋をピンッと張ることによって水の抵抗をより受けるようにするためです。

姿勢が悪いと水中ウォーキングの効果が半減してしまうので注意しましょう。

また、2つめの大股で歩くというのも抵抗を大きくするのと同時に、腰回りの筋肉を刺激するのに効果的です。

水中での運動はウォーキングに限らず、どんな動作であっても大きな動きを意識することで効果的な運動をすることができます。

泳げないけど泳ぎたい!ビート板を使った方法

スポンサーリンク

水中ウォーキングは泳げない人におススメの方法です。

ただ、せっかくプールに行ったならウォーキングだけはつまらない!泳いでいる感覚は味わいたい!という人もいるでしょう。

そういう場合には、ぜひビート板を使った運動をやってみてください。

やり方は簡単で、小学校でやったようなビート板の使い方でOK。

意識することは足をできるだけ伸ばし、バタ足をしているときに水をしっかりと掴んでいる感覚を持つことです。

このビート板を使った運動は下半身の引き締めにとても効果があります。

下半身太りや足の太さが気になるという女性にもおすすめの方法です。

また、下半身を動かすことで新陳代謝が活発になるという点もうれしいポイントですね。

泳げる人はこの泳ぎ方がおすすめ!

ここまでプールで泳げないという人を想定して話を進めてきましたが、泳げる場合にはさらに強烈な消費カロリーを生む運動があります。

それがバタフライ。

水泳を習ったことがなくてバタフライができるという人は少ないと思いますが、このダイナミックな動きはかなりのカロリーを消費します。

仮にバタフライを1時間行うことができた場合、男性でおよそ1000kcalに近いカロリーを消費することができるといわれています。

バタフライを1時間というのは現実的ではないので、20分だとしても3分の1の330kcalくらいは消費できる計算です。

もし、バタフライができないという場合にも、クロールではなく平泳ぎにしましょう。

意外に思われるかもしれませんが、平泳ぎのほうがクロールより水の抵抗が大きく、動かす場所も多いので消費カロリーが大きくなります。

仮に平泳ぎを1時間したとすると、男性で約700kcal近くを消費することができるといわれています。

クロールも1時間で650kcalくらいを消費するのでそこまで大差はありませんが、せっかくならより消費カロリーの大きな泳ぎ方をしたいですね。

ぜひ参考にして、効率的なダイエットをしてみてください!

スポンサーリンク