こんにちは。JJです。

今回は、高田純次さんについて取り上げます。

高田さんといえば、“日本一テキトーな男”として有名ですねw
現在でもそのテキトーさは衰えを知らず、様々な番組でそのテキトーっぷりをいかんなく発揮されていますw

そんな誰しもが認めるテキトー男こと高田純次さんですが、私生活では2人の娘さんがいたことはご存知でしょうか?
果たして、親のテキトーDNAは受け継がれているんでしょうか?w

というわけで、今回は高田純次さんの娘さんにスポットを当ててみました!

スポンサーリンク


娘はデザイナーだった?高田純次の娘の真相に迫る!

2人の娘さんのうち、長女は現在デザイナーとして活躍していることが分かりました。
お名前は、高田祐子さんとおっしゃいます。

祐子さんが手がけるのは、『TAGE』(タージュ)というレディースブランドで主に30代から40代の女性をターゲットにしたアイテムを扱っています。

もともと純次さんとの親子関係は伏せられていたのですが、ある日、純次さん本人の口からポロっと漏れてしまったそうですw
これもテキトーさがなせる技というところでしょうか?w

さて、さっそく気になる祐子さんのプロフィールを見ていきましょう!

祐子さんの最終学歴は、文化服装学院卒業です。
文化服装学院といえば、今なおファッション業界の第一線で活躍されているデザイナーを数多く輩出しているファッションスクールの最高峰ですね!
学生の頃から既に明確なビジョンをもっていたようです。

学校を卒業した後は、国内のファッションブランド勤務を経てロンドンに渡ります。
ロンドンでは『kei kagami』のデザイナーアシスタントとして活躍し、ミラノパリ、ロンドンコレクションに参加しています。
『kei kagami』といえば、ファッション業界ではその名を知らない人はいないほどのビッグネームですよ!

イギリスで活躍した後は、日本に帰国。
その後、自身初のレディースブランド『TAGE』をスタートさせ、現在に至るというわけです。

簡単な経歴をまとめてみましたが、実に華々しいですね!
『kei kagami』のデザイナーを務めただけじゃなく、コレクションにも参加していたなんてファッション業界を志す人なら誰しも一度は憧れるのではないでしょうか!?

高田純次の娘、高田祐子が手がける『TAGE』ってどんなブランド?

スポンサーリンク


続いては、『TAGE』について調べてみました!

『TAGE』の前身は、2006年7月に立ち上がったのですが、当初はなんとフルオーダーだったんです!
一着一着を全て祐子さん自身の手で作っていたというから驚きです!
そのハンドメイドのアイテムが反響を呼び、ついには1年間で100着以上も作ることがあったみたいです。

嬉しい悲鳴ではあったのですが、顧客全ての要望に応えられないという理由から、フルオーダーから工場委託にシフトすることを決めたのです。
その時に生まれたのが現在の『TAGE』なんですね!
『TAGE』は2008年に生まれたばかりの新しいブランドです。

祐子さんは、”自由な発想からの洋服作り”をモットーにしているため、あえてブランドのコンセプトは打ち出していません。
その代わり、“マニッシュ”“スポーティ”“クリーン”というキーワードを設定しています。
大人の女性をターゲットにする『TAGE』にはぴったりのイメージですね!

まとめ

今回は、高田純次さんの娘さんについて調べてみました。

娘さんは2人いるようなのですが、妹さんについては詳細な情報が出回っていませんでした。
それでも、どうやら祐子さんと同じく芸術関係の仕事をしているらしいです。

祐子さんがデザイナーとして活躍されている一方で妹さんもアーティスト活動しているとは・・・
なんてクリエィティブな姉妹なんでしょうか!w

どうやら、親のテキトーさんは遺伝しなかったようですねw

2人の今後の活躍に期待大です!

スポンサーリンク