【これで満足】バーベキューをするときの肉の量の目安と金額

アウトドア

夏になるとバーベキューやりたくなりますよね。

自然の多いところでみんなでワイワイしながら料理を食べるってとても楽しいです。

そのなかでも、主役といったら何と言ってもお肉でしょう。

でも、バーベキューをあまりやったことがない人にとってバーベキューの肉の量って結構迷いどころじゃないですか?

少なすぎて満足できなかったら嫌だし、多すぎて無駄になるのも嫌だ・・・みたいな。

ということで、バーベキューをするときに最適な肉の量を調べてみました。

スポンサーリンク


まずはこれを押える!BBQをやるときの一般的な肉の量

正直、お肉の量といってもバーベキューに参加する人がどれだけ食べる人たちなのか?によって大幅に変わってきます。

ただ、一般的に言われているバーベキューのお肉の量は、男性300g、女性200gというのが一つの目安です。

これをベースに考えれば、男性3人、女性3人でバーベキューをやる場合の肉の量は

300g×3+200g×3=1,500g

というのが分かりますね。

でも、これはあくまでも一般的な量であって、肉のほかに野菜とか付属的なものがどれだけあるかによっても変わります。

ですので、とりあえず基本の量を男性300g、女性200gと押さえたうえで話を進めていきます。

何の肉をどれくらい用意するのか問題

肉の量の目安がわかっても、初めてバーベキューをする場合には『何の肉をどれくらい』用意すればいいのか分かりませんよね。

私もバーベキューを初めてしたときには、『そもそもバーベキューって牛肉だけ?鶏肉とかもいるの?』って感じでした。

結論から言えば、普通は牛肉以外にも鶏肉や豚肉を揃えるものです。

牛肉だけの攻めてるバーベキューでもいいですが、それぞれ好みもあるので他の種類の肉もそろえておくのが無難だと思います。

ただ、どうしても牛肉は人気なので、個人的なオススメとしては牛肉60%、豚肉25%、鶏肉15%くらいの感覚が良いと思います。

なんでかというと、単純に『牛肉>豚肉>鶏肉』の順に人気だからですね。

もちろんこれも好みの問題なので、メンバーに『俺は鶏肉しか食べねぇ!!』って人がいる場合には鶏肉多めにしたりしてくださいね。

スポンサーリンク

牛肉ならどの部位を用意すべきか?

おそらくバーベキューの主役になるであろう牛肉についてです。

牛肉と一口に言っても、いろんな部位がありますよね。

部位の選定をミスると、みんなから冷たい視線を浴びる可能性があります。

まさか、バーベキューにしゃぶしゃぶ肉なんて持ってった日には非難の嵐ですからね(笑)

ということで、バーベキューにおすすめの牛肉の部位です。

BBQにおすすめ!牛肉の部位
  1. サーロイン
  2. リブロース
  3. 肩ロース
  4. ヒレ

このなかから選ぶといいでしょう。

最後のヒレ肉は脂身が少ないので、安い肉を買ってしまうと硬くておいしくないということになりかねません。

しかもバーベキューの場合、火力の調整が難しいので、火が通り過ぎて硬くなりすぎる可能性も高いので、できればサーロインやリブロースを選ぶといいです。

お肉を揃えるには、どれくらいの金額がかかるもの?

牛肉はお肉のなかでも高めなので、金額の面も気になりますよね。

バーベキューのように大人数で大量に必要になる場合には、コストコとかがおすすめです。

どんなに高くても、リブロースが100g550円くらいで売っています。

メンバーにコストコの会員がいるのであれば、ぜひコストコを利用しましょう。

ちなみに、たまに骨付きリブロースが1キロ4000円とかで売っていることもあるので、こういうのを狙うとかなりお得にバーベキューできますよ。

スポンサーリンク