効果的にダイエット!筋肉を鍛えると脂肪燃焼しやすい

ライフハック

ダイエットってなかなか続きませんよね。

実際に挑戦しては失敗しての繰り返しをしている人も多いのではないでしょうか。

ダイエットを効率的に行うためには、筋肉を鍛えるのがおすすめです。

ダイエット=脂肪をなくす

という風に考えた場合、食事制限だけをしてもなかなか脂肪はなくなりません。

『筋トレをすると脂肪が燃焼されやすくなる』という話を聞いたことがある人も多いはず。

ここではそんな脂肪燃焼を促進してくれる筋肉の鍛え方について解説します。

スポンサーリンク


基礎代謝をあげて痩せやすい体つくりを目指す

ダイエットをするときに筋トレをすべき理由には、主に基礎代謝をあげて脂肪燃焼効果を高めることと、リバウンドを防ぐことの2つがあります。

人間のエネルギー消費のおよそ7割は基礎代謝で行われるとされています。

そのため、効率的に脂肪燃焼をさせるためには基礎代謝をあげるのが最も効果的であることがわかるでしょう。

【ちょっと補足】基礎代謝とは?

基礎代謝は人間が生きているだけで消費するエネルギーのことです。具体的には、内臓を動かすことや体温を維持すること、呼吸をすることなどで消費されているエネルギーをいいます。

筋肉はエネルギーを消費する器官です。

ということは、筋肉量が増えれば増えるほど体全体のエネルギー消費量、つまり基礎代謝は上がっていくのです。

基礎代謝が上がればダイエット効果も倍増しますし、ダイエット成功後にも太りにくい体になっているため、通常の食事量に戻してもリバウンドしにくい体になっています。

基礎代謝をあげるためには赤筋を鍛えよう

筋肉のなかでも基礎代謝をあげるために効果的といわれているのが赤筋です。

筋肉には瞬発的な筋力を担当している白筋と、持久的な筋力を担当している赤筋の2種類があります。

どちらも脂肪燃焼効果はありますが、より基礎代謝を引き上げるとされているのが赤筋です。

赤筋は、一般的にインナーマッスルという呼ばれ方をします。

深層筋という呼ばれ方もしますね。

いずれにしても、体の奥底にある筋肉です。

赤筋は低負荷・高頻度が鉄則!

スポンサーリンク

脂肪燃焼には赤筋を鍛えるのが効果的だよ!といわれても、現実問題として赤筋を鍛えるのってなかなか難しいです。

白筋であればダンベルなどを使った通常のウエイトトレーニングで鍛えることができますが、赤筋の場合はこれらのトレーニングで鍛えることはできません。

じゃあどうすればいいの?という話ですが、おすすめなのはウォーキングです。

ウォーキングと聞くととても地味に感じますが、赤筋を鍛えるためにはもっとも効果的なトレーニング方法といわれています。

すでに解説したように、赤筋は持久的な筋肉ですので、持久的な運動をすることによってのみ鍛えることができるのです。

ウォーキング以外にも、水泳やスローペースでのジョギング、エアロバイクなどでも赤筋を鍛えることができます。

低い負荷で、長時間繰り返し行うようなトレーニング方法を多く取り入れるようにすると赤筋は付いてきます。

インナーマッスル(赤筋)を付ければ見た目もスタイリッシュに

男性の場合であれば多少ガタイの良いほうがかっこいいですが、女性の場合は外側に見せる筋肉はほとんどいりませんよね。

どちらかというと、脂肪は燃焼させたいけど筋肉が付いて太くなるのは嫌だというのが本音だと思います。

こういう場合にも、インナーマッスル(赤筋)を鍛えるのがおすすめ。

体内部の筋肉量は増えているのに外側にはほとんど現れない筋肉を増やすことで、基礎代謝は上がり、見た目は細くなるというまさに一石二鳥の方法なのです。

男性の場合でも細マッチョを目指したい!という場合にはぜひ赤筋を鍛えて理想の体型を目指してみるといいでしょう。

スポンサーリンク