春はコーヒーが売れる?マックシェイクの新作カフェオーレで見えた共通点

マーケティング

マックシェイクの新フレーバー『カフェオーレ』が新発売されましたね。

子供のころからマックシェイクにポテトをくぐらせて食べるのが好きでした。

特にストロベリー味にくぐらせるのおいしいんですよね!(笑)

それは置いといて、今回のカフェオーレで面白い共通点に気が付いてしまいました。

マックシェイクでコーヒー系のフレーバーが出されるのは2007年以来、11年ぶりのことということなんですが、それ以前のコーヒーフレーバーの発売時期はほぼ同じ時期なんですよね。

ちょっと面白い共通点だったので、マーケティング視点で少し考えてみました。

スポンサーリンク


マックシェイク×カフェオーレの発売期間

今回のカフェオーレ味のマックシェイクは3月28日から期間限定での販売です。

一応予定としては4月下旬ごろまでの販売ということですが、地域によって若干差があるはずです。

マックシェイクに限らず、マックの期間限定商品というのは基本的に1カ月~2カ月無いくらいで終了するのがほとんどですよね。

今回も例によって1カ月程度の販売期間ということです。

11年前に販売された『カフェラッチェ』フレーバー

11年ぶりのコーヒー系フレーバーだ!!ということで話題になっていますが、11年前に販売された肝心のフレーバーって何だったか覚えてますか?

そうですね。『カフェラッチェ』です。

これはミルク風味のマックシェイクにエスプレッソを加えた味ということで話題になりました。

個人的にも好きな味でした。

では、このカフェラッチェの販売時期を調べてみると、2007年3月23日(金)~2007年4月19日(木)

まさに今回の新作カフェオーレ味と発売時期被ってますね。

スポンサーリンク

12年前に発売された『エスプレッソーネ』フレーバー

コーヒー系フレーバーの登場は11年ぶりとかなり久しぶりですが、上の『カフェラッチェ』の1年前には『エスプレッソーネ』フレーバーがありました。

これは結構ファンも多くて、今でも『あぁ!覚えてる!!』って記憶に残っている人も多いのではないでしょうか?

おそらく私の知る限りでは、マックシェイクのコーヒー系フレーバーの歴史はここから始まりました。

クソ甘ったるいんですが、とてもおいしかった。

そして、この『エスプレッソーネ』の発売時期が2006/02/10~3月下旬でした。

カフェオーレとカフェラッチェに比べると、1カ月違いという感じですね。

春の時期にはコーヒー系フレーバーが売れる?

この共通点から、春にはコーヒー系フレーバーが売れるのでは?という仮説が立ちますね。

日本マクドナルドは日本の飲食チェーンのなかでもトップレベルにデカい企業ですから、この程度のマーケティング意識はあるはずですよね。

3つのコーヒー系フレーバーがほぼ同じ時期に登場するということは、やっぱり売り上げが立ちやすいからなんでしょうかね?

もし仮に春にはコーヒー系フレーバーが売れやすいという傾向があるのだとしたら、その理由って何なんでしょう。

・・・。

少し考えてみましたが、私の足りない頭ではよく分かりませんでしたw

コーヒーには時期ってありませんよね?

10月にはコーヒーの日というのがありますが、これは関係ないでしょうし、4月とかに収穫されることが多いという話も聞いたことがありますが、実際に採れた豆が届くのは7月ごろらしいのでこれも関係なさそう。

でも、たぶん売上には関係しているんですよね。

統計データとして、売れやすいというのが出ているのかもしれません。

こう考えると人間の行動心理って面白いですし、マーケティングも面白くなりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です