ボウリングのマイボールの値段ってどれくらい?買い替えの時期やボールの寿命とおすすめ通販

スポーツ

ボウリングを本格的に始めようと思ったらまず作るのがマイボールとマイシューズですよね。

ただこれから始める人のなかには、どれくらいのマイボールを選んだらいいのか?そもそもどれくらいの値段がするのか?という点を疑問に思っている人も多いはずです。

そこで、ここではこれから本格的にボウリングを始めようと思っている人を対象にマイボールの値段やおすすめの通販を紹介します。

また、どれくらいの頻度で買い替えをすべきなのか?買い替えるタイミングはどれくらいなのか?という点についても解説していきます。

スポンサーリンク


ボウリングのスキルで見る!おすすめしたいマイボールの値段

マイボールといっても実はピンからキリまであり、高いものでは6万円や7万円、安いものになると1,000円台のものまであります。

高いボールと安いボールの違いは色々ありますが、一般的に言われている一番大きな違いは『曲がり具合』です。

よく曲がるボールは高く、曲がりにくいボールは安くなります。

ハウスボールでよく使われているのはプラスチック素材のものですが、プラスチック素材は基本曲がりにくいとされています。

一方、リアクティブウレタン素材やプロアクティブ系もしくはパーティクル系と呼ばれるテクスチャー系の素材を使ったものはよく曲がるとされています。

素材別に曲がりやすさを順番にすると、
プラスチック→ウレタン→テクスチャー系
という感じですね。

ちなみに、マイボールはボウリング場などでドリラーと呼ばれる人に自分の手に合った指穴をあけてもらって作ります。

この作業をドリルといいますが、ドリルにももちろん工賃がかかってきます。

そのため、ここではドリルの工賃とボール自体の値段の合計金額を『マイボールの値段』として考えています。

これから本格的に始める初心者には・・・

7,000円~16,000円

今まで一度もマイボールを買ったことがなく、これから本格的にマイボールを使って練習をしていきたいと考えている人には10,000円~16,000円くらいの価格帯がおすすめです。

これくらいの値段であれば十分練習になりますし、高すぎるということもないでしょう。

初心者の場合、一時的なボウリング熱の高まりでマイボールを買ったはいいものの結局やらなくなってしまったというリスクが一番大きいのですが、これくらいの価格帯であればもし挫折をしてやらなくなってしまってもそこまで大きなダメージはないはずです。

ちなみに、これ以上安い(定価7,000円以下)だとボールそのものの質が悪いことがありますので初めてマイボールを作るからこそ安すぎるものは選ばないほうがいいでしょう。

※中には7,000円以下でも質のいいボールがあるかもしれません。あくまでも目安として7,000円以上を基準にするといいということです。

1年~3年程度練習をしてきたボウリング中級者には・・・

16,000円~25,000円

マイボールをすでに持っている人や、マイボールは持っていなくてもハウスボールを使ってAve170~200くらいを出せる中級者であれば上限25,000円くらいでマイボールを考えるといいと思います。

20,000円台を出せば結構質のいいボールを買うこともできますし、フックボールの練習も十分することができます。

20,000円台といってもどういう理由でその値段が付いているのかによって選ぶべきかどうかは変わってきてしまいますが、有名メーカーで20,000円台の商品であれば問題なくいいボールといえるでしょう。

有名メーカーとしてはABS社、ハイスポーツ社、サンブリッジ社などがあります。

Ave200以上を安定的に出せるボウリング上級者には・・・

30,000円以上

上級者におすすめなのが30,000円以上のボールです。

これくらいの価格帯になると本格的にプロ仕様のボールになり、曲がり具合もかなりいい感じです。

もちろんこれくらいのボールを使いこなすだけのスキルがあることが前提となりますが、間違いなくスコア向上に貢献してくれるはずです。

逆に始めたばかりの初心者がこれくらいの価格帯のボールを選んでも使いこなすのが難しく、変な癖がついてしまう可能性もあるため注意が必要です。

キャンペーンボールを狙うという手段も

初心者の場合であれば、1つめはキャンペーンボールを狙ってみるというのもひとつの手です。

ボウリング場ではその場所独自のキャンペーンを行っているところも多いです。比較的大きな施設や有名な施設であれば結構な割合でキャンペーンをやっています。

キャンペーンはマイシューズや教則DVD、マイボールなどが格安で購入できるのが一般的で、このキャンペーンで作ったボールをキャンペーンボールと呼びます。

キャンペーンボールは基本的にかなり安く、定価で買うよりも大幅な値引きがされています。

代表的なのがラウンド1で、2018年現在ドリル代込みでたった2,100円からマイボールを作ることができます。

キャンペーン適用の条件は、ラウンド1のボウリング場を5回利用すること。

練習を頻繁にしている人であれば5回くらいはすぐに達成してしまいますよね。

マイボールの買い替えタイミングと寿命

スポンサーリンク

マイボールを作ったタイミングでは気にしないことだと思いますが、ボールも消耗品であることを忘れてはいけません。

自分にあったボールを作ったとしても、1度作ったらそれで一生使えるというわけではないということですね。

マイボールの買い替えタイミングや寿命については色々なことが言われていますが、基本的には300ゲームくらいを目安に考えるといいでしょう。

長持ちするボールの場合には400~500ゲームくらいで寿命を迎えるといった感じです。

寿命というのは純粋にひびが入ってボール自体が壊れることもありますが、ボール本来の性能がなくなってしまうという意味でも寿命も含みます。

テクスチャー系などでよく曲がるボールだったのにも関わらず、表面の摩耗などで性能が下がり、曲がらなくなってきてしまったという場合に買い替える人が多いです。

おすすめの通販

マイボールは日本最大級の通販サイト楽天を通して購入することができます。

楽天ではプリメーロをはじめ、ドリル自体も行ってもらえます。近くにプロショップやボウリング場がなくて実際に行ってドリルをしてもらうことが難しいという人には嬉しいサービスですね。

以下におすすめをいくつか紹介しておきますので、ぜひマイボール選びの参考にしてください。

ネット通販でドリルをしてもらうことが可能です。ただし、プリメーロで購入したボールのみドリル可能ですので、ボールの持ち込みには対応していません。その点は注意が必要です。
ボウラーズショップ『プリメーロ』はコチラ

ハイスポーツ社のマイボールです。値段も安く、有名メーカーですので初心者でも安心して購入することができるでしょう。
【HI-SPORTS】ネオクラシックP2NEO CLASIC P2

ポリエステル素材のマイボールです。値段も安く、初心者から中級者のカバーボールとしておすすめです。
ブランズウィック Brunswick T-Zone グリーンエンヴィ SUNBB0006

まとめ

マイボールの値段や買い替えのタイミングについてみてきました。

ボウリング上達のためにマイボールは必須のツールです。

はじめはハウスボールで練習をしていたけど、途中で限界を感じてマイボールを購入したという人もたくさんいます。

本格的にボウリングを始めるのであれば、早いうちからマイボールを持つことで上達のスピードも格段に速くなるでしょう。

スポンサーリンク