探偵ナイトスクープ降板理由は?越前屋俵太が復活!今現在の彼と熊谷真実,片岡鶴太郎との関係

お笑い芸人

etizennya
こんにちはJJです。

今回は一時期ブレイクしたお笑い芸人越前屋俵太(えちぜんやひょうた)さんについて取り上げます。

彼は探偵ナイトスクープで人気になり、ラジオなどでも一時期活躍していました芸人さんです。

2003年ごろからは芸能活動を休止して、今は何をやっているのか?とネットなどでも度々話題に上りました。

正式に芸能界の引退は発表していませんでしたが、ラジオで北野誠さんが彼の引退を示唆するコメントをしたことをきっかけに引退の噂が流れました。

そんな越前屋俵太さんが2017年、ついに復活!と話題になっています。

スポンサーリンク


探偵ナイトスクープ降板理由は?越前屋俵太が復活!

etizen1

2003年以来、芸能活動を休止状態だったお笑い芸人の越前屋俵太さんが2017年1月、ついに芸能活動を再開しました。

彼は巷でも噂になった探偵ナイトスクープ降板の理由について以下のように話しています。

新しい世界に行くためには今自分がいる中で、僕の中でですよ、ナイトスクープがどうとかではなく、自分のぬるま湯状態を断ち切らんと、と。いったん退路を断つというか、そういう理由でした。でも、結果的によかった。辞める時って次の番組が決まってて辞めるじゃないですか。トミーズの雅さんなんかは次の番組が決まって辞めたんですけど、僕は次の番組も決まってなかった。そうすると、辞めたとたんにね、別のテレビ局のプロデューサーから「君、使いたい」って電話があって。そういうのがよかったです。

突然の降板ということもあって、彼が降板した直後はさまざまな憶測を生んでいましたが、探偵ナイトスクープの中での人間関係のもつれや芸能界でのタブーなどは全く持ってなかったようです。

彼が話すように、番組を降板した理由は自分の中での決断という点が大きかったようですね。

2003年から本格的にテレビやラジオなどで見かけなくなってからは『芸能界を干された』などの噂も一部では飛び交っていましたが、これについて、本人はブログで以下のようにコメントしています。

10年前、私自身、コノママいくと、例えお金があったとしても、つまらない人生になってしまうのではないだろうか。そう考えたのではなく、そう感じました。人生はやっぱり面白い方がいいと思って、きっぱり一切の仕事を辞め、山に籠りました

このブログでのコメント自体は2014年に掲載されたもので、10年前という表記はそのためです。

華々しい芸能界では一度売れたら1か月に数百万、数千万という大金が舞い込んでくる世界ですが、それだけお金があったとしても幸せだとはいえないと語る芸能人はたくさんいます。

芸人は皆、売れることを目指し、大きな金額を稼いで成り上がることを目標としているハングリー精神豊かな人が多いですが、実際に成功して稼いでみるとその虚しさに気付くことも多いみたいですね。

ただ、芸能界という競争の激しい世界で一度でもブレイクした人は、たとえ芸能界から姿を消しても他の世界できちんと結果を残します。

彼もその一例であるといえるでしょう。

では現在の彼は何をやっているのでしょうか?

今現在の彼と熊谷真実,片岡鶴太郎との関係

スポンサーリンク

今現在、越前屋俵太さんは書家や大学教授というさまざまな顔を持っています。

また、書家でもある彼の書と伝統工芸品を作る若手とのコラボ作品の作成、伝統工芸品の改良などを手掛けるユニバーサル・マーケティング・デザイン株式会社という会社の代表でもあります。

この会社では伝統工芸品などの芸術作品のみならず、店舗の内装や外装を考える上での実用的なデザインも手掛けているようで、彼が活躍しているフィールドはとても広いなという印象を受けます。

熊谷真実さんとの関係についてですが、お二人は過去に『ポッキー坂恋物語 かわいいひと』という映画で共演しています。

kawaiihito01

熊谷真実さんとの共演が話題になった『ポッキー坂恋物語 かわいいひと』のざっくりとしたストーリーは以下を参照。

【EPISODE I】「運命に忠実に生きる」とばかり、自転車屋でバイトする青年・マサノブとつきあうようになった高校生のメグは、その一方で自分の進路について悩んでいた。そんなある日、彼女は自転車のデザイナーになることを決心するが…。【EPISODE II】イタリアに留学中の恋人との結婚を控えた営業マンのキッペー。そんな彼の平穏な暮らしの中に、突然ナオという家出女子高生が現れた。【EPISODE III】ヒナとジュンは、周囲も認めるラブラブな高校生カップルだ。ある日、ヒナは予知夢を見るようになって…。

片岡鶴太郎さんとの関係については、ラジオ番組『片岡鶴太郎と高田文夫のオールナイト』で共演があります。

スポンサーリンク