男だろ!箱根駅伝 駒沢大・大八木監督の語録!怒鳴り声と転倒エピソード!

こんにちはJJです。

今回は『男だろ!!』などの名言で知られる駒澤大学陸上部の大八木監督について取り上げます。

大八木監督こと大八木弘明氏は駒澤大学陸上競技部の監督を2004年から務め、箱根駅伝において優秀な成績を収めているいわゆる名将です。

そんな彼は熱い熱血指導者として有名ですよね。

やる気を喚起させてくれる語録やエピソードを見ていきましょう。

スポンサーリンク


男だろ!箱根駅伝 駒沢大・大八木監督の語録!

大八木監督の言葉は選手に不思議な力を与えてくれるそうです。

確かに実際の走りを見てみてもそう感じます。

駅伝では監督の乗る車が選手の後ろに付き、ポイントポイントで選手に檄をとばしているのが見て取れますが、その中でもひときわ目を引くのが大八木監督の檄です。

『男だろ!!』

『練習はウソつかんぞ!!』

『頭から突っ込め!』

などなど、さまざまな語録があります。

この動画を見ても分かるように、監督車からの大八木監督の檄がすさまじいのが分かりますね。

怒鳴り声と転倒エピソード!

スポンサーリンク

大八木監督は名言や語録だけでなく、その怖さも有名です。

今の時代、体罰問題などで教師が生徒に対して厳しく指導することはあまり良しとされなくなってきました。

しかし、大八木監督はそんなことお構いなし。

練習に参加する生徒が寝坊してくるものなら昭和によく見た鉄拳が飛んできます。

そして有名な怒鳴り声で選手を叱りつけています。

ちなみに、2011年の箱根駅伝では大八木監督の転倒エピソードが話題になりました。

2区を走る選手に対して並走しながら給水をしたところ、思いっきり転倒。

駅伝終了後のインタビューでも足を引きずっていたのを覚えています。

この年、駒澤大学は5位で優勝には届きませんでしたが、それでも大八木監督の熱さが伝わってくる名場面でした。

スポンサーリンク