お正月に義実家にかえりたくない!帰省を上手く断る方法!

ライフハック

a0027_000260_m
我が国内でのお正月休みといえば、早いところで、前年の12月24日あたりから翌年の1月3日あたりまであるところが、大抵の職業や事業体などによっては、あるような感じです。そんな感じでの義実家への帰省に関しての、これをお断りする方法や手段などについて触れた、今回の記事内容になりますが、やはりそれぞれ毎においての、義実家での家庭環境や職業柄でのあり方、属している業界常識の違いなどが間違いなくありますので、決して一律にこの問題を考えていくといった事は、まず無理であると考えられます。そうした今話した事情などからしても、それぞれの帰省をしたくないといった現状について、ようく把握をしていく必要性があるといえます。その現状での問題性について十分な内情把握を行ったりしたうえで、帰省を断る対策や方法・手段などを考えていくのがベストである事は間違いがありません。

スポンサーリンク

それぞれの家庭環境の事情に合わせた対策

実家の職業や業界などによっては、どうしても接待などその他をはじめ、嫌でもその他の関係者との接触などを図らなければならないところなども、決して少なくはありません。それがお正月休みなどをはじめとするプライベート面などにおいてもあったりするような義実家などもあったりしますので、そうした面を考えたりしてみると、帰省をどうしてもしたくはないなどといった、世帯の方の気持ちがわかるような感じがします。職業柄、職場の方が正月休み期間中などにおいても、プライベート面において容易に家庭内へ干渉が可能であるところとかもあり、そうした事情で、義実家においての内情が厳しくなってしまうといった傾向がある家庭環境のところもあったりしますので、それぞれの家庭内事情に合う、個々の対策といったものを考えていく必要性があると、考えられます。

事業上、あるいは職業上の理由で、中々断れない場合について

義実家によっては、そこの親族である方々だけではなく、事業上あるいは職業上、その方々を通じて、何らかの自らの組織防衛や統制などを真の目的として、帰省をさせて様子を見るといった、そこの親族らが属している組織の上層部とかが本人達への帰省をさせるよう指示を与えるなど、といった事例なども報告をされているようです。宗教団体・政治思想団体・一部の国や自治体の組織・暴力団などのような反社会的組織・一部の組合等々、それらの組織に属している義実家などの場合にはあるようです。もうこうなると、義実家にいる親族の方自身もそれらの組織体の構成員ですので、迂闊に帰省を断ったりすると、裏で非人道的なカタチで報復などをしてきたりする事態なども、大いに考えられたりします。そのような恐怖を感じておられるご家庭の方などもおられる事と思いますので、そうした面をやはり考えてみると、法的な何らかの対策を立てたりする必要性が出てきたりします。

スポンサーリンク

どうしても、社会的な観点からも不当な帰省要請とかがあれば、絶縁をするのも手

先程も挙げた、何れかの組織の構成員などであったりした場合には、お正月での帰省の拒否といった対応をしたりすると、本当に私達一般社会の人間には考えられない、何らかの非人道的な報復としての対応などをしてくる危険性の恐れなども十分に考えられますので、まずは身の安全を確保しておくことが、非常に重要です。そのため、断固として義実家への帰省を拒否したうえで、安全確保を兼ねて、現住居などにおいてのセキュリテイーの強化や、裁判時などの事を考えたりしたうえで、指定の弁護士の先生などを指名を念のためにしておくことが、とても大事です。相手側によっては、帰省などをしなかった事を不法行為などとして、民事訴訟などを起こしたりする義実家などもあったりするような事例とかもあるようですので、もうそうしたところなどは、社会的にも健全はない家庭環境であるといえます。そうした義実家などに対しては、やはり、絶縁をしたりする事がオススメであると考えられます。

自らが自立・独立をしている点を考える

やはり経済的にも世帯単位で自立・独立などをしたりしている以上、大学生などのような実家に学費や生活費などを依存をしているような状態ではありませんので、ここはやはり、義実家から完全に独立をしている以上は、はっきりと、義実家側へ帰省拒否に関しての主張をしていくべきであるといえます。今まで述べた内容自体は大袈裟過ぎた面もあるかもしれませんが、家庭環境や義実家の属している職業上の組織体などによっては、十分にあり得る事態であるともいえますので、いくら親族などではあったとしても、決して油断が出来ないような状況であることには変わりが無いといえます。そうした事情からも、義実家への帰省をどうしてもしたくは無いような場合には、はっきりと嫌である理由といったものを、義実家側へ主張をしていくべきであると、ここでは最後に述べておきます。

スポンサーリンク