その服装で大丈夫?お正月シーズンのディズニーに最適な服装をご紹介!

ライフハック

mickey-mause-832112_960_720
東京ディズニーリゾート、ディズニーシーの何れにおいても、お正月前後の寒さといったものは実に、想像を絶するような感じのようです。とくにディズニーシーなどの場合、その所在している地域環境のせいなどもあって、1年のうちで1月中が、一番寒い時期であると言われています。駐車場内にあるエントランスから出る噴水自体が凍結をしてしまうくらいに、その極寒のあり方は大変強烈なようです。そうした、このような冬場での各ディズニーの場所において、何らかの防寒対策などが必要になってくるのは、間違いがありません。そこで、今回の記事においては、老若男女問わず、各ディズニーの場所において簡単に出来る、寒さへの対処方法について、ある程度触れてみます。

スポンサーリンク

用意をするべき服装のあり方

どうも多くの方が、重ね着などを同じものを2、3枚くらい着さえすればよいなどと考えておられるようですが、実際に、各ディズニーの場所へお正月シーズンに行かれた方などの方の大半の意見では、こうした対策は何の科学的根拠がなく、かえって動いたりするアトラクションなどの場合には、暖房とかが効いたりしているところでは汗をかいて、かえって動作の邪魔になるとの事でした。このような事からも、なるだけヒートテックなどを数枚着たりするなどよりも、厚手のコートやダウンジャケットなどを着たりするのが、着脱面などでも容易であり、そのままの状態でもとっさのタイミングの際に動きやすいので、大変オススメといえます。

アトラクションなどでの待ち時間を考えた準備のカタチ

やはり元旦や年末、1月上旬期などといった、季節的な時期などの事情もあって、屋外でのアトラクション前の待ち時間などでの寒さといったものは、先程も少し話したように、実にシャレにならないくらいの程度です。そうした各ディズニーでの寒さの厳しさを考えると、アトラクションの番が回ってきたりした際での着脱面も考えながら、なるだけ、枚数が少なくて防寒効果が高い衣類などを選んでいく工夫といったものが、やはり必要になってくるものと考えられます。そうした面を考えてみると、やはりヒートテック製でのタイツや、防風使用のパンツ、靴下類、ブーツあるいはスニーカーなどが、オススメかもしれません。そのうえに、先程も話した厚手のコートやダッフル、アウターウェアなどを着用したりしたほうが、とっさに動いたりする場合にも、かなり最適ですので、ベストといえます。

スポンサーリンク

男性の方の服装の場合

これまでは主に、年若い、あるいは30代あたりまでの女性の方の場合に関しての防寒対策の内容に触れてみました。この段落では、男性の方の各ディズニーの場所においての、防寒対策について触れてみます。主に、この場合、カップルや夫婦、親子連れなどのカタチで訪れたりする事が多いような傾向がありますので、それぞれの場合においての、防寒対策としての服装のあり方について記述をします。まずは、カップルや夫婦などで訪れたりする場合ですが、やはり人が多い場所であり、いきなりアトラクションなどにおいて急いだりする事などもありますので、動きやすい服装がのぞましいといえます。そうした点を考えてみると、着脱が容易に可能なアウタージャケットと厚手のツイードのパンツ、スニーカーもしくはゴム靴などが、うってつけかもしれません。次は親子連れなどの場合ですが、このケースでは、自身がやはり一家の長である責任者でもありますので、同行されるお子さんに着せたりする服装なども考える必要性が出てきたりします。今から話す例は冬場のディズニーシーでのケースになりますが、先程も話したように1月はとくに極寒の時期ですので、幼いお子さんには耳当て式あるいは深みのあるニット帽などが、大変オススメです。また、パーク内でもダッフィーのポシェットやカバンなども売っていたりする場合もありますので、それらを購入してあげるのもべストです。お子さんにそれらを持たせると、スタッフのキャストの方が必ず褒めてあげるようですので、楽しみとしてもとてもオススメといえます。

手袋やマフラーは必須

これもまた繰り返しになりますが、やはり極寒の1月である各ディズニーの場所での行楽時期ですので、老若男女問わず、必ず手袋とマフラーは必須であるといえます。先程も話した外でのアトラクションやイベントの待ち時間、屋外での飲食店前でのメニュー待ち等々、外で待つことが常時有り得ますので、そういった現状を考えたりしてみても、手袋やマフラーなどは極寒の環境においては無くてはならない、貴重なアイテムです。幼いお子さんなどと同行をされたりするような方などは、必ずお子さん達に着用をさせる事をオススメします。尚、ニット帽やカイロなども普通に、みなさん持ち歩いているようですので、これらもやはり、お手持ちのアイテムとしても持参するべきものといえます。

スポンサーリンク