1311136top

お昼の番組と聞いて真っ先に思い浮かぶ番組って何でしょうか?

一昔前であれば『わらっていいとも!』と答える人が大多数だったのでしょうが、それが終わってしまった現在結構意見は分かれると思います。
バイキング、PON!、ヒルナンデス、・・・他にもいろんな番組がありますもんね。

今回はそんなお昼の情報番組の中でも個人的に良く見ている『PON!』でDJやナレーターを務めていらっしゃる坂上みきさんについて取り上げてみたいと思います。

大阪出身ということもあってMCを務める岡田さんとの掛け合いとかもとても面白く毎回拝見しています。

そんな彼女ですが、長らくの不妊治療の末に53歳という高齢でお子さんを授かり、これもニュースになっていましたね。
基本的に高齢での出産に関しては母体、赤ちゃんそれぞれに様々なリスクが掛かってくると言われていますので世間からの関心もとても高かったようです。

現在日本では高齢出産をする女性が急増傾向にあるそうですので、その中での彼女の高齢出産はそういった女性の背中を強く後押ししたことでしょう。

但し、前から言われているように高齢出産には多くのリスクが伴います。
彼女のような50歳を超えてからの超高齢出産が成功したのは本当に奇跡だという医師も多くいますし、安易に『同じように出来る!』とは思わないでほしいと警鐘を鳴らしています。

スポンサーリンク


坂上みき

坂上みき(さかじょうみき)さんは1959年生まれのラジオパーソナリティ。
元々はテレビ新潟のアナウンサーとして活躍されていましたが、現在はお昼の情報番組『PON!』でナレーションなどを務めていますよね。

『PON!』に出演してから彼女の知名度もグッと上がって、全国区で知られるようになりました。(かくいう私もその口です)
独特な声質で個人的にはお昼にぴったりの元気の出る声だと思っています。

お笑いブームの火付け役とも言われているめちゃくちゃ人気番組だったエンタの神様でもナレーションを担当していましたね。
20代前半の方ならあぁあの声の人か!と懐かしく思うんじゃないでしょうか?

本業のナレーションやラジオDJ以外にもタレントとしての活躍もしており、多方面で才能を発揮されています。

そんな彼女が結婚したのが2006年のこと。
ニュージーランド出身の旦那さん結婚して、一回りも年下の国際結婚ということでこちらもなかなか話題になりましたね。

結婚した当時の年齢からも子供はなるべく急ぐ必要があったでしょうし、結婚してすぐに不妊治療に取り掛かかったようです。
そして6年という長い時間を掛けてようやく2012年に男児を授かります。

同年9月には無事出産もされて、高齢出産に悩みを抱えていらっしゃる多くの女性に勇気を与えたことでしょう。

ダウン症に代表される高齢出産に伴うリスク

スポンサーリンク

注意しなければならないのはこのニュースを聞いて自分も同じように超高齢出産が出来るんだと思ってしまうことです。

既にご存知のように高齢出産はかなりのリスクを伴います。
そのリスクとして広く知られているのがダウン症の発生ですよね。

高齢での出産には母体にも大きな負担を与えますが、それ以上に心配なのは赤ちゃんに何らかの異常が生じてしまう恐れがあることです。

詳しいメカニズムなどは専門書などでも解説されている通りです。
簡単に言えば恒例に伴う卵子の損傷によって受精卵の染色体にもなんらかの異常が発生してしまうということでしょう。

実際、ダウン症の発生リスクというのは統計的にも高くなることが認められています。
20代で約0.1%、35歳以上で約0.3%、40歳以上になるとそのリスクは飛躍的に上がり、およそ1%にまで確率が高まります。

他にも流産リスクが高まることも多くの方が承知の通りです。

そして数年前に比べると高齢出産にともなうダウン症が原因とみられる中絶の事例は3倍以上になっているとも言われます。
これは純粋にダウン症の子供を避けるために中絶したとも考えられますが、一方では高齢出産を希望する女性の人数自体が増えているということも背景にあって、一概に負のデータとして捉えることは出来ないでしょう。

高齢出産を成功させるために

様々なリスクがあり、実際に多くの医師も高齢出産は出来るだけ避けるべきだとする意見を示していらっしゃる方も少なくありません。

但し、結婚生活にとって子供の存在はとても重要なもの。
ましてや女性にとっては子供を授かるかどうかというのは男性の考えている以上に大切なことです。

それを考えれば今からでも赤ちゃんが欲しいという強い気持ちをリスクや危険性という言葉だけで否定することは出来ません。
むしろ多くの女性はそのリスクを取ってでも子供を授かりたい!という強い意志を持っているのでしょうし。

有名人でも高齢出産はもはやブームになっているといっても良いくらいに多くなってきました。
政治家の野田聖子議員もその一人ですね。

ネガティブなことを中心に取り上げましたが、高齢出産に伴うリスクは確かに高くはなりますが、それはどのような年齢で出産をしても発生する可能性はゼロではありません。
子供を妊娠して育てていくという強い意志があるお母さんにとって子供にかかる様々なリスクもある程度は考えていると思います。
その可能性は高くなりますが、今回取り上げたことは妊娠出産をするのであれば常に考えておかなければならないことでしょう。

また、高齢出産にも勿論メリットはあります。
高齢出産を経験した女性の多くの意見をまとめると、経済的なことと出産による若返りという二つが代表的に言われていることです。

当然ある程度のキャリアを積み、旦那さんとしてもある程度経済的な自由が確保できている状態での結婚になると思いますから、若い人よりも金銭的な自由は確実に確保できるでしょう。

若返りというのはよく言われることで、子供を妊娠することで女性ホルモンの分泌が積極的になされて肌の質や髪の質に変化が見られるといいます。
女性はホルモンバランスによって外見もかなり変わってきますので男性には理解しにくい部分ではあると思いますが、多くの高齢出産を経験した女性は実感しているみたいですね。

まとめ

結婚する年齢も高くなってきていて、それに伴ってさらに高齢出産が増えていくのだろうと言われています。

そういう観点から考えてみても今回取り上げた話題というのは誰しも他人ごとではないのでしょうね。

男性にとっても子供を授かれば真剣に向き合っていかなければならないことです。若い方も頭の片隅にでもいいから入れておいて欲しいことですね。

スポンサーリンク