貫地谷しほりって顔が変わった?意外な心の闇と原因を探ってみた

あの人の過去と現在
m020421

貫地谷しほりさんといえば2007年に放送されていた朝の連ドラ『ちりとてちん』のイメージが未だに強いですね。
彼女が現在の人気女優の地位を占めるようになった原因もこの朝ドラでの主演が大きいことは言わずもがな。

NHKはあまり見る機会もないですし存在自体忘れかけますけど、やはり朝ドラの威力は昔から凄いです。主演を演じた女優さんは相当高い確率で軒並みブレイクしますからね。

これ以降注目を集めてバライティなどにも引っ張りだこになった彼女ですが、年々顔が変わっている気がするのですが気のせいでしょうか。
正確に言うと年々というよりは度々顔が変わるような気がします。笑

女優さんなのでその役柄に合わせて雰囲気が変わることは往々にしてあると思うのですが、それにしても雰囲気かわりすぎ。
髪型の変化などと言う言葉では到底片付けられないほどだと個人的には思っています。

ということで今回は貫地谷しほりさん特集ですね。
彼女の人気の秘密とかメインテーマである顔の変化について見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク


貫地谷しほりの顔が変わったのは気のせいか?

朝ドラ『ちりとてちん』に出ていた時と2013年に公開された映画『くちづけ』の頃ではだいぶ外見が違います。
正確に言うと映画の発表試写会の時と比べると相当大きな変化が分かります。

共演者の竹中直人さんや橋本愛さんらと共に試写会に登場した際には衣装や髪型のせいという言葉では到底片付けられないほどにまでふっくら。いやふっくらどころでは無く相当太ったという声がファンの間ですら聞かれるようになりました。

冒頭にも書きましたが容姿に変化の多い女優さんの中でも特に変化が多い彼女。
ネットを中心にデブと噂になっていることも彼女は自覚しているようで、女優として気を付けなければいけないと発言もしています。つまり要旨の変化自体は気のせいでは無いということですね。

生まれつき太りにくい体質の人は間違いなくいますが、ある程度太りやすくても女優業をやっているのであればそこはプロ根性で気を付けます。綾瀬はるかさんなんかも太りやすい体質というのは自ら告白していますし、深田恭子さんとかも言っています。
それでもしっかりと体型をキープしていますよね。

個人的にはそれでも体型や容姿に大きな変化が出てしまう貫地谷さんは何かしら原因があるのではないか?と思っています。

ということで彼女の容姿の変化の理由として考えられる理由を考えてみました。

病みやすかったり心に闇を抱えやすい性格説

貫地谷さんのファンの方ならご存知だと思いますが、彼女はオフィシャルブログを持っています。
ブログの更新自体月1回ほどのペースでしかないのですが、その上近年はほとんどマネージャーなどのスタッフの方による更新です。

ファンとの距離を縮めて好感度を高くするツールとしてはもってこいのブログをやっているのにスタッフ中心の媒体になってしまうのはどこかもったいない気がしますが、昔はしっかりと直筆のブログ記事がアップされていました。
時期的に言うと2011年ころまででしょうか。

ブログ記事の中には女優さんやモデルさんがよくやりがちな『今日のファッションはこんなんです!』系の記事から『今メイク中だよ!』的なごく普通の記事がアップされている中で意外と結構病んでいるの?って感じの記事も多いんですよね。

いやぁ、、、
大殺界って凄いですねぇ(笑)
この上半期、正直、辛かったぁ。
心の持ちようなのは分かっていても落ち込む毎日。立て直し方が分からないという恐ろしい毎日でした。自分の人生にとって悪い事は起こらないと信じていたのに全て覆されるような。
きっと人生の第2章なんだろなぁと今は少し思えるようになってきました。

このブログ記事に対してネットのあるメディアでは大殺界というフレーズから細木数子さんの六星占術上で彼女と同じ火星人-という運勢を持つSTAP細胞で世間を賑わせた小保方晴子さんと重ね合わせるかのような報道がありました。これには思わずうまい!と唸ってしまいましたね。笑

周りの芸能関係者の話の中でも彼女の精神的な浮き沈みやモチベーションの上下はよく言われているようで、体型の変化や容姿の変化はこういった心の変化が意外と大きな原因なんじゃないかなぁと思いました。

『大殺界で上半期辛かったな』というコメントをブログで公開したのが2015年の8月。これから約4か月後の12月11日の記事で『最後の日』というタイトルでブログ記事を更新しています。
最後の日の意味は12月12日が誕生日の彼女にとって29歳から30歳になる節目。つまり20代が最後の日ということですが、注目したいのは記事の中での『この1年辛かったなぁ』という発言。

ん・・・?今年の夏にもそんなこと言ってなかった??(´・ω・`)

と思ったファンは多かったことでしょう。笑
8月にアップした記事の中では結論として上半期は辛かったけど調子は徐々に上向きになってきたからこれからまた頑張りますよ!的な内容でした。それなのに結局1年悪い年だったんですね。。。

人生初の占いに行ってきたということも明かしており、相当悩んでいる様子がうかがえます。
占い師の方からは『人生に2回辛いことが起こるその1つ目』という言い方をされたそうで、それに納得している感じでしたが人生でワースト2位に入るほどの辛いことって何なんでしょうかね。

女性は感情の生き物と言われるくらい感情の起伏が激しいらしいですが、男からすると『そんな小さなことなんでそんな真面目に悩んでるの?』と思っている人は多いはずなんです。
良い言い方をすればとても敏感で繊細。悪い言い方をすれば気にしすぎ。

いづれにしても落ち込みやすい人というのは真面目に物事に向き合おうとする完璧主義者の方に多いんですよね。
いい意味で適当なくらいがちょうどいいんでしょう。

ネットや週刊誌の批判がストレス説

スポンサーリンク

そもそも世の中の評価に対してストレスを感じている可能性がありますよね。

週刊誌は低俗だといわれることも多々ありますが、しっかりとした会社が運営していてブランドイメージなどが少なからずあるわけです。
それに比べて掲示板などのネットに書きこまれる個人の意見は校閲の目がないことを良いことに他人の気持ちなんて考えない発言が後を絶ちませんよね。

貫地谷さんに対しても『デブでも女優って出来るんだな』とか『なんでこんな性格悪いのに活躍できるの?』とか目も当てられないような発言ばかりが目立ちます。

彼女が太っているという説に関しては否定は出来ません。
貫地谷さん自身もバライティ番組で体重変化が凄まじいということは言っていましたし、気を付けなければいけないということも言っていました。まぁ本人どうこうの話よりもまず二重アゴばりばりの写真があるのでね・・・笑

でも太っていることに関しては必ずしも悪いとは言えません。
恐らく多くの人は彼女が美人女優のような扱いを受けていることに納得できないんだと思いますが、男性で彼女のことを好きという人の意見を見てみるとその多くは『ふくよかでたくさん食べそうだから』とか、『ムチムチした体つきが女性らしくていい』という人たちなんですよね。

細身のスレンダー女性がタイプの方には到底賛同することの出来ない意見だと思いますが、実際にそういう人が多いのも事実です。
というかグラビアで爆乳を売りにしている方なんて皆さんふくよかな体型ですもんね。凄い細身でバストだけ凄いあるみたいな方は珍しいです。

また、性格が悪いという説についてはいたるところで言われています。
大河ドラマ『風林火山』への出演も記憶に新しいですが、この作品での舞台裏では彼女のわがままっぷりはすさまじかったと言われています。

大河ドラマではスタッフに向かってタメ口を聞いたり、プライベートでは母親と2年間口を聞いていなかったなどのエピソードが挙げられていますね。
女優さんの立ち位置がどういったものなのか?スタッフとの関係はどうあるべきなのか?という点については何とも関係者では無いので分からない部分ではありますが、仕事での付き合いということはお互いに尊敬しあえる仲でなければいけないと思っています。

女優さんは花形なのは間違いありませんが、裏方であるスタッフさんがいてこその作品です。
それを取り違えて勘違いしてしまうとえらい方向に物事は進んでいくと思います。

こういったような様々な彼女を取り巻く噂話が彼女に対してストレスになっていて、心労は相当なものではないか?と予想する芸能関係者もいるみたいです。
もしこれが本当だとすれば芸能人という職業の大変さの一面が垣間見れた気がします。

まとめ

いづれにしても彼女の容姿の変化は自他ともに認めるもののようです。
顔の変化に関しても輪郭はシュッと細いタイプでは無いことから太るとどうしても大きく見えてしまいがち。これを気にして太らないように気を付けているようです。

彼女はつらい時期とか病んでいるような状態の時にブログ記事を更新しなくなる傾向があるような気がするので、2015年以降は心配ですね。スタッフがメインになってしまっている近年彼女の心境がどういったものなんでしょうか。

芸能界という世界自体が閉鎖されているところで明るみに出ない部分も多いと思うので、そこで活躍することの難しさや独特の辛さというものは我々には想像を絶するものがもしかしたらあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です