早乙女太一のDVの内容と真相!週刊誌が画像を公開!

結婚離婚や恋愛関係

こんにちはJJです。

流し目王子とも言われ演劇界では女形として大人気の早乙女太一さん。

テレビドラマやバライティなどへの出演機会も多いので、老若男女問わずファンが多いことでも知られていますね。

彼と言えば2013年に西山茉希さんと結婚し話題になりましたが、それ以上に話題になったのは何といってもDV問題です。

今回は彼の闇の部分でもあるこのDV問題について検証していきたいと思います。

スポンサーリンク


早乙女太一

1307124350_2_2

早乙女太一(さおとめたいち)さんは1991年生まれの俳優です。
葵劇団というところで劇団員をやっていた両親の間に生まれ、小さい頃から劇団員として育てられました。

舞台での女形が本業ではありますが、映画やドラマなどの俳優業も盛んに行っています。
映画に関して言えば子役の頃からビートたけし監督の映画『座頭市』などにも出演しています。どうやら小さい頃からたけしさんは彼のことをよく知っていたみたいで、俳優としての才能は見出していたみたいですね。

そして今回の主な話題でもある西山茉希さんとの交際が噂され始めたのが2010年以降。
大きな問題になり週刊誌でも大々的に報道されたDV問題は2012年頃に起こりました。

2013年にはモデルの西山茉希さんとのできちゃった結婚が報じられ、世間でも話題に。
2016年に入ってすぐ二人目の赤ちゃんを妊娠中であることも発表しており、現在では公私ともに順調な雰囲気がありますね。

DVの内容と真相を徹底解剖!

スポンサーリンク

さて、それでは本題のDV問題へと切り込んでいくことにしましょう。

上でも書いたように、早乙女太一さんと西山茉希さんが交際を巡ってトラブルになり、路上で喧嘩をしたとの報道がされたのが2012年の5月ごろでした。

この事件を大々的に報じたのは週刊誌の『女性自身』。
あることないこと書きまくる!とか結構バッシングの多い雑誌ではありますが、大々的なスクープが多いのも事実。今回の早乙女太一さんの件に関しても写真付きで掲載するという大スクープ。

実際に女性自身に掲載された早乙女太一さんが西山茉希さんを路上で暴行したとされる写真がこちら。
default_eb6a2dfce2bce0fa018bdf59aeb09ea5

タクシーに乗って帰ろうとする西山茉希さんを強引に引き止め無理やり引きずりおろし、そのまま路上で口論に。
早乙女太一さんは西山さんを力任せに突き倒し、西山さんはガードレールに倒れ込みます。起き上がろうとする西山さんですが、それをさせまいと早乙女さんは彼女の喉元に掴みかかり再び押し倒したようです。

image

逃げ惑う西山茉希さん。
それでも早乙女さんは西山さんに掴みかかり抵抗する西山さんともみ合いになったそうです。

ここまでの大喧嘩に至った経緯はなに?


これ、芸能人ではない一般のカップルでもありえないレベルの大喧嘩ですよね。
ましてや二人は顔の知れた芸能人。人目を気にするはずなのにここまでの大立ち回りをしてしまうということはそれほどの理由があったのでしょう。

週刊誌はこの喧嘩の経緯について、西山さんが居酒屋で放った下ネタに原因があったと伝えています。

2012年5月10日。
二人はお台場のアミューズメント施設の中にあるボーリング場でデートする姿が目撃されています。
人目を気にせず二人はラブラブな雰囲気で、とても仲のよさそうな姿だったようです。そもそもあまり周りの目とか気にしないタイプなんでしょうか。

二人がお台場から白金台にある鉄板焼き屋さんへ向かったのが23時ごろ。
お店には他にも数名のお客さんがいたものの二人は個室で大騒ぎ。酔いも回ってきたためか西山さんは下ネタを口にしたそうです。

これに対して早乙女さんは注意。
人前で躊躇なくはなった彼女の言葉をとがめたそうです。

ここから次第に二人は険悪なムードになり、喧嘩に発展。。。
という流れのようです。

いや、喧嘩というかもはやDVというレベル・・・

だいたいの流れは理解できますけど、正直誰が見たって路上での出来事はやりすぎですよね。
週刊誌の一部始終の報道が本当であれば本気で訴訟起こされても文句言えないレベルです。

では早乙女太一さんは会見ではどのように釈明しているのでしょうか?

彼のコメントがこちらです。

彼女が家から出て行こうとして、引きとめようとしたのがきっかけで、つかみ合いになって、思いっきり引っ張ってしまって倒れてしまった。

そうは見えないとしか言いようがない・・・笑

週刊誌も動画で撮影していたわけではないのでなんとも言いようがありませんし、真相は闇の中ですが、個人的に気になるのは週刊誌が伝えた見出しです。

その見出しとは『俺は絶対に別れねぇ!!』というもの。
実際に早乙女さんが分かれを引き止めたことに関しては自身でも認めていますが、引き止めたというのがこういうような意味でしたらこれは非常に問題ですよね。DVの典型です。

まとめ

今回は早乙女太一さんについて取り上げました。

DV問題って女性が納得してしまっていたり、怖くなって何も言えなくなってしまっている場合があるから難しい問題なんですよね。

彼女がそうでないことを祈るばかりですね。。。

スポンサーリンク