佐藤仁美は下品で老けてる?実家は知多市!

ネットでの評価や炎上

こんにちはJJです。

木下ほうかさんなんかが話題になった『痛快!スカッとジャパン』が人気ですね。
ここに出てくるむかつく上司役で再度ブレイク兆しがあるのが女優の佐藤仁美さんです。

様々な作品に出られているので、世代をまたいで顔は売れていると思います。

今回はそんな彼女について噂やあまり知られていないことをまとめてみました!

スポンサーリンク


佐藤仁美

5865949_324x486

佐藤仁美(さとうひとみ)さんは1979年生まれの女優さんです。
最近では『家政婦のミタ』や『砂の器』などが代表作に挙げられる女優さんですね。

愛知県出身で4人姉妹の末っ子として生まれます。
芸能界に入ったきっかけは中学生時代に出演した『中学生日記』。

NHKで昼にやっている作品で全国的に有名ですが、以外にも名古屋放送局作成の番組だったんですね。
まだ名もない俳優が多く出演した隠れた名作だと思います。(内容はともかくとして)

ジュニア時代の風間俊介さんとか、もっと古くなると川島なお美さんや岡田有希子さんといった大スターも生徒役として出演していた過去があります。

本格的に大きな作品で活躍しだすのはホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞してからでしょうね。
第一回の榊原郁恵さんから続くスターの登竜門で、グランプリ受賞者には受賞した瞬間にCMやドラマ、映画など様々な方面から声がかかるといわれます。

ちなみにですが、彼女がグランプリを受賞した第20回のホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞したのは女優として活躍している新山千春さんです。
こういっちゃなんですが、新山千春さんが若すぎて正直同年代とは思えないんですよね。笑

下品で老けてる?

スポンサーリンク

ホリプロスカウトキャラバングランプリということからも分かるように、デビュー当時は清純派のめちゃくちゃかわいい女優さんといった立ち位置でした。
グラビアも当然やりましたし、写真集の売れ行きもすごかったらしいです。

人気作となったドラマ『イグアナの娘』では菅野美穂さんの親友役を演じて話題になりました。

しかし、現在はキャラも風貌も相当変わってしまいましたよね。

菅野美穂さんというと今でも清純派の美しい女優さんというイメージが強いのですが、佐藤仁美さんも『イグアナの娘』で共演したときは同じポジションでした。
これは今現在の佐藤さんしか知らない若い世代からすると衝撃なんじゃないでしょうか?

下品とか老けてるとか嫌いとかネットでは言われていますが、こういうイメージがついてしまったのは恐らく趣味のパチスロや泥酔しての失態などをテレビで語りだしてからでしょうね。

お酒が好きなのは良いですけど、酔いつぶれて訳が分からなくなってしまう。
これに加えてギャンブル好きと言ったらこういうイメージがついてしまっても仕方ないのかもしれませんね。

ちなみに婚活をしていると大々的に公言してしまうのも当時の清純キャラの崩壊につながっているでしょう。

知多市に実家!

2016年の1月に放送された名古屋テレビのローカル番組『旅してゴメン』でダイヤモンドユカイさんウド鈴木さんと共に愛知県の知多市を訪れていました。
愛知県は佐藤さんの出身県ですが、なんと実家が知多にあるそうです。

公式プロフィールなどでは名古屋市緑区の出身と書かれているので実家も当然ここにあるのかと思っていましたが、現在は知多にあるみたいですね。

まとめ

今回は女優の佐藤仁美さんについて取り上げました。

現在は清純路線というよりもむしろ笑いを狙いに行ってる感がありますが、これで芸能界を生き残っているんですから周りに何といわれようと凄いと思います。

デビュー当時からかわいいともてはやされ、アイドル的人気を獲得していた人がこういうキャラに転じるのはなかなか出来ることではありませんからね。

スポンサーリンク