こんにちは。JJです。

今回は、ミュージカル『エリザベート』に出演されている尾上松也さんを取り上げます。

尾上さんといえば、
『エリザベート』でルキーニ役を演じることで話題になりましたね!

『何で?』って思うかもしれませんが、尾上さんの本業は、なんと”歌舞伎役者”なんです!

これは意外ですよねw

素人考えで恐縮なんですが、

『歌舞伎とミュージカル!? ジャンルが違いすぎでしょw』

なんて思ったんですが、どうなんでしょうか?

その辺りも気になるので、今回は、尾上松也さんとルキーニ役について調べてみました!

スポンサーリンク


衝撃のキャスティング!?尾上松也がルキーニを演じる意味って…

昨年に『エリザベート』のキャストが発表されるや否や、
そのキャスティングが話題になりましたよね!

中でも一番取り沙汰されたのが、ルキーニ役の尾上松也さんです。

上でも書いたことなんですが、尾上さんの本業は歌舞伎役者なんですね。

尾上さんが話題になったのは、これが理由です。

ですが、理由はこれだけではなかったんです。

実は、このルキーニ役というのは、今まで俳優の高嶋政宏さんが単独で演じてきた配役なんです。

『エリザベート』が2000年に上演されてから2012年に至るまで、全てのルキーニ役を高嶋さんがたった1人で演じたきたんです。

驚くことなかれ!
その回数、なんと1067回!!

ルキーニという役は、それだけ”伝統”のある配役というわけです。

そんな名誉あるルキーニ役に大抜擢されたんですから、尾上さんが話題になるのは当然といえば当然の結果ですよね!

尾上松也が演じるルキーニってどんな役なの?

スポンサーリンク


ルキーニを演じることになった尾上さんが話題になった理由はこれでお分かりになったと思います。

そうなると、ルキーニってどんな役か気になりますよね?

そこもぬかりなくチェックしていきましょうw

そもそも、『エリザベート』という物語は、
オーストリア帝国の皇后・エリザベートの一生を描いた作品です。

その中で、ルキーニは物語のストーリーテラー、つまり、進行役として登場します。

物語の要所要所でストーリーを解説する役ですね。

『物語の人物として登場しないの?』

って話ですよねw

これがルキーニの特徴なんです。

実は、ルキーニには2つの顔があります。

1つは、先ほど書いた通り、ストーリーテラーとして。
もう1つは、エリザベートを暗殺するテロリストとして。

“ストリーテラー”として登場するルキーニは観客の視点で。

“暗殺者”として登場するルキーニは物語の登場人物の視点で。

ルキーニは、この2つの視点で演じなければならないんです。

何かえらく難しそうな役ですね 苦笑

物語の鍵を握る役ですので、ルキーニは準主役レベルの配役らしいですよ!

まとめ

『エリザベート』の新キャストが発表されて話題になった尾上さん。

詳しく調べてみると、その裏には納得の理由があったんですね。

12年も続いた伝統ある配役交代に加えて、
2つの役割を担う重要なルキーニを演じるとなれば、話題になって当たり前ですよねw

過去のイメージに囚われることなく、
尾上さんには新しいルキーニを演じてもらいたいですね!

スポンサーリンク