こんにちはJJです。

一時期は全く見かけず、芸能界から干されたのか?という噂が流れるほどだった土田晃之さんですが、最近ではバライティを中心に出ずっぱりですね。

今回はそんな土田さんの世間での評価や結婚生活を中心にまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク


土田晃之

tsuchidateruyuki_img02

土田晃之(つちだてるゆき)さんは1972年生まれのお笑い芸人です。

元々はU-turnというコンビで活動していました。
このコンビは元ヤンキーである土田さんと元生徒会長である対馬盛浩さんのコンビで、一時期大変人気で社会現象にまでなったボキャブラ天国という番組で活躍するも2001年に解散。

解散になったのは対馬さんの意向によるもので、これ以降土田さんはピン芸人として芸能界に残り、対馬さんは芸能界を引退することになります。

今思うと結果的にはピン芸人として独立した後の方が売れっ子という感じがありますし、今のバライティ番組のひな壇などを見ても常にいますし、一人の方が良かった感もありますね。

ちなみに、U-turn時代には当時一気にスターダムへと駆け上っていったダウンタウンに対して『2年で抜いてやるよ』と発言しビックマウスっぷりを発揮していました。

今比較してみればダウンタウンはさらに上にいき、益々差が開いている気もしますがそこは触れないでおきましょう。笑

つまらないと噂の土田

スポンサーリンク

テレビではなかなか目にする機会が多い土田さんですが、実は芸能関係者の周りでは彼への評判は最悪なようです。

世間一般の意見からしても彼へはなかなか厳しい批評があとを絶ちませんよね。

土田さんが批判されている主な原因というのは、『芸も何もしていないのに芸人という肩書きはどうなのか?』というものや、『トークもつまらないし、何話しても鼻につく』といったものが多いようです。

大先輩の萩本欽一さんも以前土田さんに対して『暗くて近寄りたくなかった』とコメントしています。
それに番組の作成スタッフからの評判もあまり一緒に仕事したくないタイプと批判されています。

さすがに番組スタッフも大人ですし、多少の嫌なことや不満は外に出さずに仕事をすると思います。
そんな裏方のスタッフすらも彼に対しては酷評するというのはやはり相当態度とかはひどいということでしょうかね・・・。

しかし実際は消えていく人がほとんどの厳しい芸能界で生き残り、今でも生活していくだけの収入を稼いでいるのには違いありません。

こんなに批判されているのに出続けられる彼というのがまた不思議。。。

浮気しない理論と嫁の写真!

『ブラマヨとゆかいな仲間たち』に出演した際に浮気について発言した土田さんの言葉がTwitterなどで話題になりました。

土田さんはこの番組の中で浮気についての持論を展開。
男が浮気したくなる理由と、絶対に浮気はしない理由を論理立ててしゃべっていました。

特に反響を呼んだのが浮気をしない理由の方です。

番組の中で土田さんはこんな風に語っています。

単純に浮気がばれて離婚になれば、大好きな4人の子供や嫁と一緒に暮らせなくなる。家も持っていかれるだろう。そして子供たちが成人するための養育費や慰謝料を全部合わせたら総額で2億円くらいになるのではないか。そんな2億の価値のあるSEXって何?

これに対してTwitterでは名言だ!とか、超納得した!という意見が大多数を占めていましたね。

ただ、これに対して私は待ったと言いたい。
世界中の女性を敵に回すかもしれませんがこの理論には真っ向から対立したいと思います。笑

そもそもこの発言、超理論的!とか言われてますけど全然理論的じゃないと思うのは私だけでしょうか?

だってなんで浮気がばれることが前提なんでしょう?
浮気ってばれて発覚したエピソードしか基本的に聞かないのでばれるもの、恐ろしいもの的な考え方がありますが、実際にはばれない浮気って多いと思います。というか、ばれていない、世に出てきていない浮気の方が圧倒的に多いはず。

浮気そのものの性質が人に隠してする秘匿性の高いものなので、世に出てこないのは無理もありません。

浮気する人はそもそもばれると思ってする人なんていないです。
ばれないと思って、それでもいい思いが出来ると思うからするんです。
そしてその中にはばれない浮気も沢山ある。

この理論で行けば浮気をする理由も見つかる気がするんですけどね。
別に浮気賛成派という訳ではありませんけど。笑

まとめ

今回はお笑い芸人の土田晃之さんについて取り上げました。

あまり好感度の高くない方ですが、ライバルがひしめき合っている芸能界で生き残るという時点で尊敬はしています。

別に好きな芸人さんでは無いですけど(笑)、それでも一人の成功者としては尊敬しています。

スポンサーリンク