こんにちはJJです。

今回は都議会議員の塩村文夏さんについて取り上げたいと思います!

ヤジなどの問題発言の被害者として一躍有名になってしまいましたが、当時ヤジを飛ばした自民党の議員はどのような経歴の持ち主だったのでしょうか。

いつまでもお綺麗な彼女の性格やプライベートにまつわる話などを一挙に見ていきましょう。

スポンサーリンク


塩村文夏

41138e5bf3af1189c4ff2c4cda6a4024

塩村文夏(しおむらあやか)さんは1978年生まれの東京都議会議員です。

美人過ぎる都議としても話題になり、過去にはさんまさん司会の『恋のから騒ぎ』に出演していたこともあります。

広島県出身で、彼女の父親は被爆経験者としてもネットでは話題になりました。
太平洋戦争終結の広島長崎の原爆投下によって、11歳の頃に被爆したようです。

高校は地元の高校に通っており、在学中にはスポーツ用品メーカーのイメージガールコンテストに応募して準グランプリを獲得するなど、若い頃からその美貌は健在だったようです。

ちなみにその当時のお写真がコチラ。

無題

19歳の時なので高校卒業すぐと言った感じですが、今の面影を残しつつやっぱり美人ですね。コンテストなどで上位に組み込むのも分かる気がします。
また、この頃にはヤングマガジンや女子中学生を対象にした二コラなどの企画でもグランプリなどを受賞し、雑誌の中ではグラビアを披露しています。

短大進学をきっかけに上京してきた彼女ですが、留学などを経験したのちに2007年『恋のから騒ぎ』に出演します。第14期生ですね。

恋のから騒ぎといえば前列が美女で固められていて、後方には三枚目のキャラがいますが、当然彼女は前列。
14期でのMVPも受賞しており、その注目度は高かったことがうかがえますね。

また、彼女はその他にも放送作家としての顔も持っていて、人気番組の制作にも携わっていたようです。

こう見てみると本当に色んな事をされていますね。
でもどのジャンルに行ってもある一定の結果を残されているので素晴らしいと思います。

現職である都議会議員としての活動と政界へは2012年から本格的に入りました。

から騒ぎで関根勤に叱られる?

スポンサーリンク

恋のから騒ぎを当時見ていた方は分かると思いますが、その美しい容姿を良いことに多くの男性を手玉にとったという趣旨の発言を自分自身でしています。

別れるとき(結婚ではなく交際)には慰謝料を請求してきたなどの発言がゲストで出演していた芸能人に批判されることも多かったですね。

彼女をしかった人物としては関根勤さんが有名です。

当時は相当傲慢な態度を取っていて、キャラだとはいえ性格的には相当悪く映っていましたね・・・

実際にどうなのかは知りませんが、過去の発言やTwitterなどでした彼女の発言を聞いていると下のヤジを受けるのももはや仕方ないかもしれないという気にすらなってきますね( ゚Д゚)

自民党のヤジは誰?

2014年、都議会の本会議でのこと。
ニュースでも連日報道された例のヤジ問題が発生しましたね。

彼女は昔から動物愛護などについて強い関心を持っていたようですが、この本会議では女性の晩婚化の問題を取り上げ、女性としての目線から都の支援に関する議論をしていた際に、複数の男性からヤジを受けました。

『早く結婚しろ』とか、『子供が産めない体なのか』とか。
そのヤジはちゃんとしたリテラシーを持っている大人とは到底思えない発言で、こんなのが東京の都議をやっているかと思うとほんとむなしいですね。日本は終わったかとまで思います。

実際に子供を産むことが出来ない身体である女性も世の中にはたくさんいる中で、彼女は女性を中心に大きな後押しを受けてセクハラとして訴えを起こしました。

これによってこの問題は単なるヤジ問題ではかたずけられず、当時自民党の幹事長を務めていた石破茂までがコメントを発表する事態に発展。
自民党議員の席からヤジが発せられたということで、党全体の問題も追及されましたが、結局ヤジの中で最もひどいといわれていた『産めない身体なのか』という発言については誰が発したのかは未だに分かっていません。

過去には自民党の政務調査会会長などもつとめた鈴木章浩議員がヤジを飛ばしたことを認めましたが、『産めないのか』という発言については闇に葬られたままですね。

こういう要職につく人であってもこの程度の人物かと思うと本当に日本人として恥ずかしいと思います。

フライデーに掲載?

週刊誌への掲載についても様々な問題が巻き起こりましたね。

一部ではフライデーに掲載と言われていますが、彼女に関する週刊誌報道で話題になったのはフライデーではなく女性セブンですね。

実際にヤジに関しては発言した側が勿論悪いのですが、週刊誌は騒動を巻き起こした原因は塩村本人にもあったと書いています。

まとめ

今回は都議会議員の塩村文夏さんについて取り上げました。

美人都議として人気の彼女の過去を見てみると意外な素顔というか一面が垣間見れましたね。

女性に対する発言や差別的な発言に関する問題というのは非常に難しいですが、彼女のヤジ問題についてはどちらも悪いでしょうね。過去にそういう批判を受ける発言をしていたのは間違いないことですし。

スポンサーリンク