こんにちはJJです。

伊藤淳史さんといえば海猿の頃からするとだいぶ出演作品も増えてきて、今や色んな作品に引っ張りだこの人気俳優です。

主役は少ないですが、準主役程度の役はとても多い印象なので、演技の実力もそれなりに認められているということなのでしょう。

最近でいうと、西島秀俊さん主演のドラマ『無痛』に刑事役で出演していますね。

N0018675_l

ところで伊藤淳史さんの弟さんですが、2009年に自ら命を絶ち、そのニュースがテレビなどで大々的に報道されると世の中に大きな衝撃を与えました。

彼自身も俳優として脇役でありながらも多数の作品に出演していたので個人的にもとてもショッキングなニュースでしたね。

今回は伊藤淳史さんのご活躍と、弟さんである伊藤隆大さんについて取り上げたいと思います!

スポンサーリンク


のだめでは頭の長いキャラで有名に

yjimage

弟さんの伊藤隆大さんが世間一般に広く認知されるきっかけになったのは『のだめカンタービレ』でしょうか。

彼はこの作品のなかで、のだめの小さい頃からの幼馴染の役を演じていました。

お坊ちゃまのような役柄で、のだめと同じくプロのピアノ演奏家を目指しています。

作中の役柄的にもとても個性的でしたが、何といってもインパクトが大きかったのはその風貌です。

伊藤隆大さん自身身長が低いということもあって、それだけでも異彩を放っていましたが、なおかつ頭が長すぎる・・・笑

ちなみに伊藤隆大さんの身長は154センチというのが一般的に言われている身長のようですが、実際のところは公式プロフィールとして公表されていないため分かりません。

しかし、お兄さんと伊藤淳史さんよりは小さいのは確かですね。

のだめ以外にも個人的に印象に残っているのはガリレオ。

ガリレオのエピソードゼロとしてスペシャル版が放送された時の生徒役のひとりとして出ていました。

ちなみに、彼っていきなり出てきた感じがありますがそんなことはなく、芸能界入りは3歳のころのようです。

そんな特徴的な役を演じ、徐々に出演の機会を増やしていた矢先に悲劇は起こります・・・。

伊藤隆大の死の原因はなにか

スポンサーリンク

2009年の3月。

突然の訃報が届きます。

人気も徐々に出てきて世間的な知名度も増してきた矢先、弟の伊藤隆大さんが神奈川県の相模湖近くの自動車の中でなくなっているのが発見されました。

この突然すぎる報道に兄である伊藤淳史さんは勿論、共演したことのある芸能界関係者も驚きを隠せない様子でした。

死因は一酸化炭素中毒ということで、車中での練炭自殺のようでした。

遺書は家族にあてたものを中心に8通が車中に残されていたようですが、その内容は公開されていないため内容を知ることは出来ません。

そして一番気になるのが何故自殺をするに至ったのか?という原因の部分です。

一般的に語られている原因には次の四つがあります。

・失恋
・身体的コンプレックス
・病気
・仕事の悩み

ひとつめの失恋ですが、これに関してはあるメディアが車中には女性の写真が複数枚バラまかれていたという趣旨の報道をしたことから出てきた説です。

ただし、これに関しても報道内容はばらばらで確証は得られない感じです。

2番目の身体的コンプレックスは身長などといったコンプレックスです。

コンプレックスなんて誰にでもあるし、自殺をする理由なんかにならないんじゃ?と思われるかもしれませんが、役者として様々な役柄を演じなければいけない彼にとってはとても悩ましいことだったのかもしれません。

3番目の病気は一番信憑性が低いのですが、あるSNSサイトにて彼の友人が病気を患っていたという趣旨の発言をしたことに端を発します。

そして最後の仕事の悩みは2番目のものと若干関係しますが、自分の能力の限界や、今後の将来への不安などは感じていたようです。

遺書が公表されていないということであくまでも憶測になってしまいますが、この4つの説が通例ようです。

伊藤淳史と西島秀俊は仲良し?

a0121

ドラマ『無痛』で共演している二人ですが、番宣などで二人そろってテレビ出演をする際にはとても仲のよさそうな雰囲気を感じ取ることが出来ます。

そして実際どうなのか?ですが、テレビ以外でも実際に仲は良いようです。

また、俳優としての伊藤淳史さんを西島秀俊さんは尊敬しているようで、今回の共演をきっかけに伊藤さんの演技にとても圧倒されたという発言をしています。

西島秀俊さんも実力派の俳優さんですが、それ以上に伊藤淳史さんは実力派ということでしょうかね。

まとめ

今回は伊藤淳史さんを中心に取り上げました。

彼の弟さんである伊藤隆大さんの訃報はとても衝撃的で、若くして亡くなるのはとても悲しいことです。

本人としても思うところはあったのかもしれませんし、本人でしか分からないこともあったとは思いますが、こういう結果ではなく違う形で表に表現してほしかったですね。

この事件の後も気丈にふるまい、さらには弟の分まで頑張っているかのような目覚ましい活躍をされている伊藤淳史さんには本当に感服いたします。

今後も活躍期待しています!

スポンサーリンク